スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
忍たま乱太郎 (2011)
2011 / 07 / 25 ( Mon )
忍たま乱太郎

はじまって、とりあえずなんかとっても、夏休みだな~ってきがして大変たのしかったの。加藤清史郎くん演じる乱太郎が、忍術学校に入って"忍たま"として日々(まあ、ゆとりなりに)がんばる前半部、なんかすげー観ててアガった。これが夏休み映画の祝祭感なんだな~と。ただ単に三池崇史が監督するってだけじゃなく、TV版で構成やってた浦沢義雄がちゃんと脚本担当するっつーのも、なんだかじつにイイな~って。だってアンタ、浦沢ギャグを三池が演出するんだよ?それもキッズ向け実写のだよ?クソ興奮する。浦澤のタガが外れたギャグを三池が、気心しれた役者陣とOLMデジタルとの連携でもって見事達成する。劇場のキッズもウケてた。ただし…後半はありがちな抗争劇(ふうの徒競走)に取って変わってしまってちょい残念。ちがう方法だってあったんじゃないか。あと後編への契機となるエピソード、とくに鹿賀丈史のヤケ気味の怪演と、話をこじれさせるためだけに民家にあんだけ若い男の子~イケメンが大挙してしまうあたり…いったい、なにがしたかったんだろう…。

忍たま乱太郎

(23日、ソラリス1にて)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<アイ・アム・ナンバー4 (2011) | ホーム | コクリコ坂から (2011)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2515-4982c8c0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。