スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
カンフー・パンダ2 (2011) ※日本語吹替、デジタル3D上映
2011 / 09 / 04 ( Sun )
ちゅうごくの芸術家さんだかが本作の上映に抗議したり、あとたまたま見かけた有名人さんのブログで率直な意見を読んでしまって、んまあアヤついたわけでないけど、観逃してました。いそがしくて。結論としては観逃しても、差し障りはないかなーというのが正直なところ。あ、吹替で観たんですが、こころなしかポー精彩欠いて元気なかった(免許の更新でも忘れたのかな?)。脚本はジョナサン・エイベル&グレン・バーガーって、前作踏襲&『モンエリ』コンビのひとなのになんでこうなるのか。なお監督は前作とちがいジェニファー・ユー・ネルソンというひとになっています。

カンフー・パンダ2
とにかく、子ども向け娯楽作の第二作目で「こうしちゃダメ!」パターンをすべて踏みつけている点が問題。続編だから第一作目のちがう新味を、深みを…ってそれ魅力損なっているだけだし、新しくもなんともない累々たる屍の列に連なるだけだとなぜきがつかないのか。天真爛漫で多少抜けている主人公に、フラッシュバック体験とか出自の疑問とかで悩ませた挙句、戦闘遺棄させちゃあダメ!!でも、それをやってしまっているの…。とはいえ、観終えるとふしぎな後味。全編にわたってアクション!の綴織で、合間に沈うつな顔したパンダが自問自答しているという構成に。たしかに脱獄するきのないマスタ・サイとマスタ・ワニとのやりとり~荷車チェイスの、流麗かつ怒涛のシークエンスには息呑むほかない。集団戦になっているのも前作からの大きなちがい(ゆえ、マスター・ファイブもタイガを除きただのお飾りになる)。あ、エグゼクティヴプロデューサーで、これまたなぜかギレルモ・デル・トロの名が…。

カンフー・パンダ2

(ソラリス4)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<東京公園 (2011) | ホーム | ハワイアン・バケーション (2011) ※日本語吹替、デジタル3D上映>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2524-d04bf28b
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。