スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
探偵はBARにいる (2011)
2011 / 11 / 28 ( Mon )
なんせ監督が『極道の妻(おんな)たち 情炎』の橋本一なので、ダメだとか面白くないとか、んな訳ではないが、でもスルスル観られることが果たして良いか(そのくせなんか体感時間が長い)、やや違和感がのこる。あと、ひとがやたら入れ替わり立ち代り登場して、落ち着きないなって。

探偵はBARにいる
札幌ススキノを舞台に、風変わりな探偵(大泉洋)と学生バイト(松田龍平)の、奇妙なバディもの。謎の依頼人に翻弄されながら、地元財界やら地廻りやら中央黒社会やらが入り交うキナ臭い展開になる…んまあ、なるのは構わないが、観てるおれとしては「へーそうなんだー」程度の重みしかいつまでたっても伝わらない。かなりショッキングな描写もある。たとえば殴られたり生き埋めにされるマンマの描写ですら、伝聞や類型をスルスルなぞらえるような軽みしかない。これ往年の探偵ものを模しているんでしょうが…。

軽妙な主人公はわるかないが、モノローグのシーンなぞ、語り口とBGMでなんだか一昔前の泣きゲのそれのようだし(締まらないシンミリ具合など)、また大泉洋が小雪に死ぬほどの目に遭いながら入れ込むあたり、やはり腑に落ちない。そしてあのクライマックスも…あれ、とって付けたようでいっそ大泉の妄想なのでは?高島礼子や杉本彩あたりならきちんと重くなったろうに)。あ、右翼の波岡一喜はよかった!どんな内容でもあいつが出るとすげえニヤニヤしてしまう。あと『スマグラー』に続いて高嶋兄弟の仕事ぶり堪能できてよござんした。

探偵はBARにいる

(6日、ムービーオン シアター10)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<インモータルズ -神々の戦い- (2011) ※日本語吹替、デジタル3D上映 | ホーム | カウボーイ&エイリアン (2011)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2565-36d0d500
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。