スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密 (2011) ※日本語吹替、デジタル3D上映
2011 / 12 / 07 ( Wed )
予想の範囲内ではある。むしろ、ここまで淡々とした出来とは(もちろんシャレ)。お人好しの後輩二人…ピージャクとゼメキスが延々培ってきたノウハウや手駒やら、諸々蓄積を脇からスピルバーグ横取りして、シンパのサイモン・ペッグとか配して、ルックや音楽でテメーのブランド感をブレンドさせて、根こそぎ自分の手柄にしようとしたら、やはり決定的にサムシング足りておらず、結果、強烈な動機のなさが漂う無味乾燥とした仕上がりに。これー蓮實とか黒沢清とかはどう評してるんでしょうかね。

タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密
パフォキャすげえのは承知だが、まずキャラクターの見た目がどっち付かずで、ゼメキスの轍を踏んでいる(まだアヴァンの影絵のほうがマシ。ゼメは思いの丈にほだされてぜんぜん「観れる」)。あとアクションたしかに凄いんすけど・・・たとえば例のカーチェイス、この凄さって所詮八〇年代TVアニメーションの、BGドーガ的興奮しか得られない。まあ、過渡期なんだとおもう。そんなわけで個人的には、ギャグ担当のハドック船長(吹替はチョー)とスノーウィしか目に入らない。とくにスノーウィ、カット尻のキメ!&アイリスアウトだけ観ていたかったです。後半のシークエンスすべて、そういうオチ付ければよかったのに。

タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密

(ムービーオン シアター3)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ゴーストライター (2010) | ホーム | アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事! (2010)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2573-20fb3dda
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。