スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- (2011)
2011 / 12 / 23 ( Fri )
三国同盟に反対しつづけ、開戦後も最後の最後まで講和のセンを諦めなかった山本五十六の生き様つーか死までを追う。いくらワヘーワヘー云ったって、テメー艦隊の総司令で現場トップであることにかわりはねーだろ。作品の主張として、山本五十六はぜんぜんわるくない!むしろ戦況の拡大と長期化・悪化(ついでに敗戦まで)のすべての理由は、山本の足を引っ張った当局のせい…開戦電文の遅延や真珠湾奇襲での南雲忠一の勝手な行動、ブーゲンビルでの死を招いた(ホントかしらねー)通信兵の責任に仕立て上げている。まあ、そんなんクソどうでもいいんですけど…。

聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-
はたして本当に山本が戦いを望んでなかったのかはわからない。実際の人物が好戦的かつ侵略的であっても、軍人なんだから一向に構わないのではないでしょうか。そんなことより、甘味を喰うことに執着し、作戦展開中に将棋に没頭するさまは、どうみてもきちがい。仕事の途切れない成島出は、とにかく新潟県民や長岡市民、大金投じた地元マスコミが納得し溜飲さげられる”地元の偉人”の造形に注力するだけ。だから…役所広司のツラなんか観たかねえんだよ。このクソ忙しい時期にわざわざ観に行ったのは、肝心の艦隊戦や航空戦目当てで!佛田洋や浅野秀二らの仕事はたしかに見事で、赤木からの発艦シーンとかクソ格好よかったものの基本ロングばかりで物足りない。そもそも「真珠湾攻撃は失敗だった」という基調に最後まで沿うので愕然とするほど地味かつ簡素。作品テーマと整合するものの、画的満足には遥かとおいのでした。

聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-

(ムービーオン シアター6)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<リアル・スティール (2011) | ホーム | ブリッツ (2011)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2579-94291727
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。