スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
日本インターネット映画大賞 : 2011年度外国映画 投票
2012 / 01 / 05 ( Thu )
前年同様、コメ付いてたので参加してみますよ。
『 外国映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「シルビアのいる街で」   8点
  「ソーシャル・ネットワーク」   8点
  「ザ・タウン」   4点
  「ゴーストライター」   4点
  「塔の上のラプンツェル」   2点
  「アジョシ」   2点
  「ブルーバレンタイン」   2点
【コメント】
同得点でも、順不同でも構わないんですけど、まあこんなかんじで。今年もそんなに観れませんでした。

-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [ロマン・ポランスキー] (「ゴーストライター」)
【コメント】
やっぱ炉利おじさんすげー!!って、そんなかんじで。

【主演男優賞】
   [ジェシー・アイゼンバーグ] (「ソーシャル・ネットワーク」)
【コメント】
ザッカーバーグ役よかったんじゃないですか?このひとだいたいおんなじような演技で、『ソリタリー・マン』でもフード被って、ポケットに手え突っ込んでましたねー。まあ、そんなかんじで。

【主演女優賞】
   [ナタリー・ポートマン] (「抱きたいカンケイ」、「メタルヘッド」)
【コメント】
2011年はナタポ祭りでしたね!先に挙げた二本は、ナタポのかわいらしさは勿論のこと、生活臭や頼まれると嫌と云えないどうしようもない安さまでもが存分に愉しめる最高の作品。あ、『ブラック・スワン』『マイティ・ソー』はクソどうでもいい。んまーそんなかんじで。

【助演男優賞】
   [レイン・ウィルソン] (「メタルヘッド」、「スーパー!」)
【コメント】
一番の選出理由は、おれの体形がこのおっさんに酷似してきた、そういう親近感から。まあ『スーパー!』は主役じゃね?って話しにもなろうもんですが、でもいいの。2007年のこの日本インターネット映画大賞で、おれはこの役者をすでに挙げているわけで、そういう意味ではおれの価値観や批評眼はまるでぶれていないのね。まあ、誰に語ってるんだって話しですけど、そんなかんじで一つ。

【助演女優賞】
   [ケイト・ブランシェット] (「ハンナ」)
【コメント】
甲冑も着こなすツンデレ行かず後家を華麗に演じきった『ロビン・フッド』も最高だったけど、本作ではCIAとしてシアーシャ・ローナンたんと死闘を繰り広げるというちょっと、どうかしている役回りでやはり最高だった。選んでないというか、つねに過去を更新しようとしているきがしてマジ尊敬できますね!

【ニューフェイスブレイク賞】
   [該当なし] (「該当なし」)
【コメント】
新人かどうか、よくわかんないので。

【音楽賞】
  「SOMEWHERE
【コメント】
内容もなかなか染み入るものがあったですけど、劇中流れるフェニックスによるサントラ(つーか選曲?)もよかったですよ。とくにブライアン・フェリーの「煙が目にしみる」が。あと『ブルーバレンタイン』のグリズリー・ベアの劇伴もよかった。

【ブーイングムービー賞】
  「カンフー・パンダ2
【コメント】
これ、前作が非常に素晴らしかっただけにショックもでかい。かなり酷い続編にしてくれたなーと、劇場で心底落胆しました。

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<映画 「けいおん!」 (2011) | ホーム | 日本インターネット映画大賞 : 2011年度日本映画 投票>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2584-b91801d7
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。