スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
映画 「けいおん!」 (2011)
2012 / 01 / 07 ( Sat )
けいおん!は、第1期第2期どころのさわぎでなく、不勉強ながらほとんど観たことがない。よく指摘される登場人物の名前の由来についても、個人的には最初期よりも、ポリドール以降よりも、徳間ジャパン~アルファ期をこよなく愛する人間としては、あまりひっかかるところがない。しいて云えば、積極的に読み込んでいるのは蛸壺屋の御本くらいですか…。まあ、HTTの曲じたいはサンクラやつべのブートリミックスで慣れ親しんでたもんで、はっきりいって諳んじられるほどですけど。

映画 「けいおん!」
そんなこんなで劇場版ですよ。ようするに、あずにゃん以外卒業するんで、軽音部の離散会でロンドンいくべーみたいな話しに、軽音部の友情の、ある季節の到来をジワジワと絡ませてるわけ。結論至るまでやや長げえとおもうものの、極端に都合よく(まったく性的なにおいも含みもなく、愛玩に適うよう)ディフォルメされたかわいらしいバンドやってるJKたちが、ウフフキャッキャやってるだけ、なんだけどすごく観ていて愉しい。つうか至福。ロンドン行くまでのグダグダがよかった。んで、行ってしまってからはなぜかあまり、HTTのみなさん、あまり愉しそうにないのね。妙な現実感があるというか…たとえば、アイドル映画の一種と見なしたときに、渡航先でドタバタ、なんてカリカチュアライズするのは必定でしょう。でもかわいらしい未成年女子が集団でロンドン着いても、スリに遭うでもボラれるでも路地裏に連れてかれるでもないの。このこじんまり感が妙な現実感とともにわびしさ、狭さに繋がってしまう。これはこれでありかなとおもう。スパッと一瞬を描くことで、逆に未練を断っている。ヘンに媚びて続編匂わすよりはずっといいとおもいました。

映画 「けいおん!」

(フォーラム5)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル (2011) | ホーム | 日本インターネット映画大賞 : 2011年度外国映画 投票>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2585-38bca224
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。