スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル (2011)
2012 / 01 / 07 ( Sat )
カイル・クーパー(なんかなつい)のアバンタイトルに乗って、"A BRAD BIRD FILM"(だっけか)って出ただけで、なんかクククーって、こみ上げるものがある。『アイアン・ジャイアント』、『Mr.インクレディブル』、『レミーのおいしいレストラン』で、どーかんがえても「コッチ側」にしかおもえないブラッド・バードが、満を持して手がける超大作・・・規模まるっきりちがうが、樋口真嗣の実写デビュー戦にも似た興奮があったが、残念ながら出来栄えもそれにやや似通ってしまっている。いやわるくないよ?でも、こちらの期待が大きかった分、飛び交う高評価に違和をかんじる(おれが誤っているのか?はたして再見すべきなんだろうか…)。

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル
そもそも本シリーズはカネの動きにホントに対応しており、ドバイやムンバイ舞台にしながら、核ミサイルの発射というデカ過ぎる釣り針で米ソの対立構図を再燃させようと目論む。IMFから離脱を余儀なくされ、独立愚連隊と化すトムクル率いるチームが、愛する者を喪う悲しみに想い馳せつつ、スマホアプリ駆使して、また独逸製高級車を犠牲にしながらそれを阻止する筋。まずは先の巨大な釣り針はいい。しかし肝心の敵との対決より、むしろドバイでの下準備のほう(クレイジークライマーの完コピ)が興奮するのはどうかと。件のすべてを押し流す砂嵐にしろ、前菜クラスのイベントがいちいち噛み応えのある味わい深さというか、ちぐはぐさとして散見。J・J・エイブラムスのご意向なのか、サイモン・ペッグの重用ぶりはなんか、ちがうかなーと。とはいえ、新年一発目に観るにふさわしい派手さで賑々しさで、まずは満足しました。

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

(3日、ムービーオン シアター6)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「円盤の新春スペシャル!円盤レギュラー陣全員集合編!」1月9日(月/祭日)渋谷O-NEST | ホーム | 映画 「けいおん!」 (2011)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2586-d50ca72f
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。