スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
ロボジー (2011)
2012 / 03 / 04 ( Sun )
ロボジー

好き嫌いやよしあしは別にして、久々に矢口史靖らしい映画だなーとおもった。具体的に云うと、『ウォーターボーイズ』以来の好印象。いやもっと云ってしまえば、(本作にも出てるけど)西田尚美がヒロインだった頃の雰囲気まで戻って来ている。そもそもこのひと、理想とするコメディのヴィジョンがあって、本作まで幸か不幸かぜんぜんブレずにフィルモグラフィ重ねてきたわけだけど、どうもここ数作は不振だったきがする。妙にあてがわれたキャストのせいというか…だいたい若い役者配して恋愛モノなんかこのひと撮るかっての。なので、ロボットの中のクソジジイと翻弄される若き三人の社畜っていう残酷なドタバタ構図は、そらおもしろいって。彩として添えられる吉高由里子にしても、得体の知れないものに夢中になるあまりやはり現実ばなれしてしており、色恋の匂いが一切しない矢口ヒロインを見事に演じている。とまあ…おもしろかったっすよ。TVで流れたら実況とか盛り上がるんじゃない?

ロボジー

(1月15日、ソラリス1にて)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<007/危機一発(ロシアより愛をこめて) (1963) ※午前十時の映画祭 | ホーム | 恋の罪 (2011)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2599-bf9adbe0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。