スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
バトルシップ (2012)
2012 / 04 / 15 ( Sun )
バトルシップ

いろいろ問題あるきがするが、でもまあそれなりに面白く観た。リムパック展開中の真珠湾にエイリアン(デザイン全般だるい。母船は『スターシップ・トゥルーパーズ』のバグズのよう)が攻めてきて、お定まりの衝突経ながら図らずも日米が共闘するという最前線の筋と、あとはまあ、敵行動を妨害しようとするハワイの民間人なんかの描写が加味されるの。冒頭の、チキンブリトーをめぐる本当にくだらない導入から最後までぎゃんぎゃん音楽が鳴り続け(スティーヴ・ジャブロンスキーが劇伴、リック・ルービンがPDだった)、じぶんの資質を生かせてない無軌道で成長過程にある若者(テイラー・キッチュ。でも少佐とかだったはず)とそのライバル、周囲(浅野忠信やリアーナ、ほか)といったドラマの合間合間に、モダンな戦闘描写が封入される。監督はピーター・バーグで、『キングダム/見えざる敵』の陸戦からおれは海でもやれるんだ的器用さで、なんとかハズブロがらみで宣伝上の関連付けをさせようとしているTFシリーズのマイケル・ベイとはややちがったテンコ盛りパーティームービーに仕立てている(ちがいは残虐描写の有無、あとベイほどギャグに傾注していない。『ハンコック』からさらにヘタに)。微妙な作品を手がけていたピーター・バーグだけど、この手の超大作を手がけられる職人としての地位も、いいかもしれないしね。んまあ正直云うと、個人的にはUSSジョン・ポール・ジョーンズにナガタが乗船以後~潜水艦ゲームまでが盛り上がりのピークで、砲撃で艦上におびき寄せた敵をぶっぱなすあたりや、ミズーリ再起動のくだりではかなり萎えてしまっていたのだけど。

バトルシップ

(ムービーオン シアター6)
映画 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<J・エドガー (2011) | ホーム | 僕達急行 A列車で行こう (2011)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2612-ba15d9cb
-
管理人の承認後に表示されます【2012/05/18 08:05】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。