スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
おおかみこどもの雨と雪 (2012)
2012 / 09 / 19 ( Wed )
とりあえず構成が明確なテーマに沿ったセグメント化されてて、ハリウッド映画みたいです。自炊して、派手な生活は控え、地方出身で友人も多くなく、それでもわけのわからん男(CV:大沢たかお)とくっ付いてしまうアマっこ・・・相当に世間知らずな・・・そんなアマっこの声あててるのは宮崎あおい。ウソつきながら、それでも清廉な、幻想の塊のような青春映画然とした導入から、家族への憧憬~じぶんで家族や社会を知り得て、混乱や衝突経て、広がりを持っていく・・・そんな段階追ってテーマを変化させるなど整理つけているが、大ボラ、いっそ奇想とでも云うべきスジを、風呂敷広げきって丹念に、クールさ抑えて大真面目に取り組んでおりぶっちゃけ困惑する。慎ましやかな生活の背景にデカい愛があるから容易に否定も出来ないので(精緻だしフックあるのは理解できる。いやもうお膳立てして、云いたいコトが云いたいだけなんだろうな・・・よく、云いたい中身わからないけど)。そう、青春映画から育児もの、就農もの、ふたたび自分さがし&思春期をネタにしながら度がすぎるスペクタクルと共に神話の世界に突入する。出来はいいし、テーマそれ自体に文句がつけづらい点もあろうが、それでもこの映画はすきになれない。ついていけないのだ。

おおかみこどもの雨と雪(2012)

(9月19日、フォーラム1)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<夢売るふたり (2012) | ホーム | アベンジャーズ (2012) ※3D字幕>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2642-27550563
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。