スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
桐島、部活やめるってよ (2012)
2012 / 09 / 12 ( Wed )
題名どおり伝聞情報だけで突っ走る103分。デカいヤマやオチがあるでなし、それでも持つ者と持たざる者、みたいな対抗軸が居並ぶ。執拗に何度でも繰り返され、視点切替が延々続くリワインドで実験的な金曜日。キャバ嬢みたいなJKが跋扈する郊外のがっこー。くだらないが実在感が如実に立ちあがる。生きている切実、人間関係とか、そういうあたり生々しくて脚本いいですね。なんつーかチュンソフトの『街』的な・・・。じゃあここで総選挙!屋上でけなげにSAX練習してる沢島サン(大後寿々花)と、パッツンで憐憫だがタクにも一定の同情を示す東原サン(橋本愛)と、あと東原サンとタイトロープな交友関係にある宮部サン(清水くるみ)と、おまえ誰が好きよ?え、おれ?おれはやはり・・・沢島サンでしょ!決まってんだろ!それはともかく、前述の対抗軸、というか対比ね。部活と部活、部活と帰宅部、運動部と文科系、さらに云えば、持つ者と持たざる者、持っていても何もしない者、目的を持つ者、持たない者、マジメとフマジメ、真剣とおふざけ、天才と凡人-。いつしか立ち位置が分からないことに皆が皆きづきはじめる。屋上や校舎裏のホットスポットから、それらひと塊で桐島の不在を憂いでいく。部活動の、内実っつーか真実が、なんか上手に掬い取りながら、でも物語の中心たる桐島の不在は次第に露わに。そんなタイミングで「先生はロメロ観たことありますか」。接いで『生徒会・オブ・ザ・デッド』ってタイトルでダメでしょ・・・。それでも『SUPER8』の1000倍正しい。神木きゅんで真っ当なスクールカースト描くのは難しいのかな・・あ、でも再三云うけど大後寿々花ちゃんクソかわいかったヾ(@⌒ー⌒@)ノ

桐島、部活やめるってよ(2012)

(9月12日、ムービーオン シアター6)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<アベンジャーズ (2012) ※3D字幕 | ホーム | メリダとおそろしの森 (2012) ※3D吹替>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2644-2f8249f1
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。