スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
アウトレイジ ビヨンド (2012)
2012 / 10 / 13 ( Sat )
全般的に、極々真っ当でソツのないニューヤクザもの、ってかんじ。花菱会やチャンタケが出てくるまでは、それこそ阪本順治あたりが一昔前に撮ってなきゃならないような具合。前作じゃ単なるスパイスだった小日向文世の悪目立ち、加瀬亮の耳障りさが気にかかる。あとはまあ、なんかあるとインスタントに詰めちゃったり刺しちゃったりの安易さかなあ・・・尋常でなく評価されてる話芸方面も、おれ前作のほうが好み。とはいえ、安易でもこういう映画は大好物すぎる。鈴木慶一の劇伴はサムジャムで寝っ転がって再現できそうなスカスカぶりで、これまた興奮。

アウトレイジ ビヨンド(2012)

(10月13日、シネコンプレックス小倉1)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<エクスペンダブルズ2 (2012) | ホーム | プロメテウス (2012) ※3D吹替>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2648-987a7e6a
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。