スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
リアル~完全なる首長竜の日~ (2013)
2013 / 06 / 02 ( Sun )
基本的に集大成的な作品になっている。いや拡大再生産とかではなく、これまでのフィルモグラフィーを浚ったかのような内容や意匠が、アップデートされているだけでなく尋常でない迫力をもって眼前に現している(としか云いようがない)。さらにさらに、客が入っていないのが不安を誘う・・・allcinemaによるとジャンルはドラマ/ロマンス/SFだという・・・。これをJホラーとして売らない理由がすでにわからない。また、黒沢清の作品史上、もっとも「マンガ」という単語が頻発されるあたり、堪らないものがある。

リアル~完全なる首長竜の日~

(以下むごいネタバレあり)
個人的に『贖罪』が話数ごとのアベレージが異なりすぎてた(ようにかんじてた)ため、不安のなかで本作を鑑賞。想像してたのは、けっしてノーラン的なんじゃなくて、予告観るかぎりクロネン『イグジステンズ』とかなんだろうと。あとイーストウッド『ヒアアフター』なんかの影響下にあるのだろうなと。でもそれだけではなかった。つか、やはりノーランを範する黒沢清ではなかった。むしろ筒井的(今敏的といいますか)というか。さらに云えば、中谷美紀の女医は確実に『恐怖』の片平なぎさ、のセンでしょう。そんなおれみたいなのが薄っぺらく影響下にありそうなものを並べたって意味がない。浅見を披露してるだけで。とはいっても、無意識が現実を侵食していくさまはどうかんがえたってクロネン的だし筒井的。あとはポン・ジュノ(およびオーファネージ)なんかにゃ負けてねえよ的活劇(ないし『水虎(KAPPA)』の絶対影)のシーンも凄み帯びている。浅野秀二の名もありイマジカ他も挑戦的にクリエイト。

んまー話しをすこし戻して、冒頭に挙げた黒沢清の刻印とでも云うべき意匠がことごとく繰り返されているもののそれらすべてがやりすぎ感を湛えておりクソ興奮する。加えてそれらがショッカー化し、その連打でギャグにかぎりなく近づいている印象。たとえば貸し倉庫のエレベーターのデジタルズーム。たとえば蚊帳のような垂れ幕(とモアレ)。たとえばキワい高さからの墜落ワンカット。たとえば廃工場の段ボールアクション。たとえばデジタルを用いて一層マンガじみたスクリーンプロセスふう車窓(そもそものシトロエンC3つうセレクトも・・・)。たとえば、都合のよすぎるガンアクションなんかも震えた。あーフィロソフィカルゾンビ(!)も、これまた黒沢清の人ならざる"向こう側存在"の最新バージョンでしょ。あと、高層マンションがここまで執拗に描かれたのは初では?あーそれと、主人公が恐ろしいものを見たときに手で顔を覆って目を背けるってモーション、これどの作品からだっけ?・・・役所広司がいつもやってるような。

基本的には(ドンデンは抜きにして、そしてオチまで含んだとしても)、実在と男を放り出して、勝手にどこか遠く、手の届かない向こう側に行ってしまった女の話し、わかりやすく此岸と彼岸の話しなんだとおもっている。辛うじて糸が繋がったかのようだが信用はならない。このドンデンが正しいなんて一切証明されないし、首長竜とか幼少期の同級生のエピやアナグラムなんて、おれ的にはかなりどうでもいい(つうか、じつは無意識下に封じ込めたとおもってた過去の罪が露呈して云々とかいう東野圭吾あたりが戦犯であろう後出しネタは、ミステリー小説ならいいかもだけど映画になったら矮小化させるだけでは)。また、シャマラン方面に黒沢清とうとう舵切った!などというつもりもない。モラルなんぞ無視してセンシング下なんだから、せめて銃を実体化させて首長竜を仕留めるのがスジだろうと、それだけ云いたい位で。・・・『回路』クライマックスを想起させるセリフから、霧の立ち込めるマンションの外、無意識の世界にふたりは歩きはじめる。おれそういう黒沢映画を(再生産であっても)ずーっと待っていたのだから。

リアル~完全なる首長竜の日~

(1日、ソラリス2)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<クラウド アトラス (2012) | ホーム | クロユリ団地 (2013)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2666-ddb7d5ff
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。