スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命 (2012)
2013 / 07 / 31 ( Wed )
精神的に弱まる畢竟なる小品(いう印象の)『ブルーバレンタイン』をモノにしたデレク・シアンフランスの作。これが、なんというかおそろしく意欲すぎかつギュウギュウな内容で満足とともに大変な疲労感、ここちよいのだけれど、えらくつかれる作品になってる。ざっくり、はっきりと三部構成。

第一部は、『ブルーバレンタイン』で絶妙なる呼吸の一致を見せたライアン・ゴズリングが大々的にフィーチャー。若干性格的な異なりがあるものの、端的に要素すべてが『ドライヴ』長線上にあるかんじ。ということで、『ドライヴ』でメロメロになった筋にはバッチリの内容。このブロックだけ湿度感が以後とまるで異なる。ゴズリング、どうしようもないNTRで、いきなりキレるあたりの狂犬ぶりに溜飲がさがるおもい。また、愛車バラされながらのドラマ展開や「警察密着24時」的のP.O.V.(後輪パンクしながらの、真性アクション)などに大興奮。

第二部、ブラッドレイ・クーパーが新米デカで、一種異様な警察機構の腐敗振りを告発する体(それじたいは凡庸だが)をなす。このあたりは、あんがい手垢ついてるな~とおもいつつも、快気祝いで先輩方ストリップバーに連れてってくれるのかな~??とかおもいつつ、金無心しに行くあたりの無慈悲さはたまらない。このあたりを一手に担ったのは存在で既に姿顔かたちだけで禍々しいレイ・リオッタ!えらくやばいムードが蔓延する。裁くほうも裁かれるほうも所詮はおなじ、等しく汚れているし、一生懸命生きている。たかだか70マンぽっちで人生の彩が一変する。

ほんで、第三部。まさしく因果というか邂逅・・・まさしく宿命。いきなり少年二人の物語となり、肌合いはなんつうか、ラリー・クラークやむかしのハーモニー・コリン、さらにこの無常ぶりはガス・ヴァン・サントあたりを軽々しく彷彿。荒涼たる狭まった世界が(さらに、かわることなく)展開する。親も選べず立派に成長したジェイソン君も、なんつうか・・・『BULLY』のニック・スタールみたいでざわめく。こういう映画ばっかりだと疲れるけど、こういう映画がないと、もう、バランス取れないよね。エンディングの曲、マイク・パットンなんでしょうか・・・ジェイムス・ブレイクみたいだった。

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命(2012)

(7月31日、フォーラム3)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<セレステ∞ジェシー (2012) | ホーム | 野蛮なやつら/SAVAGES (2012)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2671-a3be6bc8
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。