スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
マニアック (2012)
2013 / 08 / 15 ( Thu )
残酷描写に興味はあるものの、原典を熟知してるとか未見であればオリジナルにあたる努力をするほどでないスタンスなのでアレですが、もうタイトルのトコでさっそくボケボケで最悪の気分になる。映画そのものの不快さではなく、見せないことに苛立ちを覚える。この映画って基本的に、ほとんど理由なく道行くクソアマちゃん(白人ばかり)を河童に仕立てるしか進み行く道がない心底孤独で童顔な小男(イライジャ・ウッド)の物語じゃないですかー。おそろしいほどシンプルな骨格なのに、ところどころか随所に散りばめられたボカシ。そもそもが演出上ボケているのか(ふつうの描写でさえ)わからないシームレスなテクニーク。なんなんだよこれ。KNB EFXグループの職人芸は曖昧模糊とした薄幕の向こうにある。・・・失礼な、無礼な、気取ったヤツはしねばいい。むしろしななければこっちで出向くしかない。主人公は説明のつかないほど破綻しており、前述のとおり道行くクソアマを河童にするしか能がない。それでも主人公はありとあらゆるオポチュニティを利用している。なんて、なんて沢山の出会いがあるのだろうか!それに引き換えおれと云えば・・・。ラストの、ズベ河童たちの一斉強襲で腹痛を催した。

マニアック(2012)

(フォーラム2)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<パシフィック・リム (2013) ※2D字幕 | ホーム | さよなら渓谷 (2013)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2677-a690ea3f
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。