スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
アフター・アース (2013)
2013 / 06 / 30 ( Sun )
んまあ、奇怪なSF映画だなと。これシャマランだから納得だけど、そうでないとただ奇妙なだけの映画になってしまう。と、云う意味では、宣伝に正直に監督の名前を出さないほうが、騙されて入ってくる客も多いのかも。残念ながら、はっきりと騙しで集客すべき映画だが、例によってきらえない。むしろ逆に、相当偏愛しそうな人が出てきそうな、まったき、シャマラン映画ではある。・・・1000年後だかなんだかさっぱりしらないが、とにかく冒頭の父子がはなればなれになるまでのクダリというか、ガジェットや1000年後世界観やらSF的意匠含め、さっぱりワクワクしない。まず、それにびっくりした。なんつうか、あの戦艦?エスニック居酒屋の内装みたいじゃないすか(いまもやってるのか不明だが、むかしTVKの夜中、横浜のTIKI TIKIとかいう居酒屋だかダイニングバーだかの、異様に耳に残るCMを想起。あ、ジェームズ・ニュートン・ハワードの劇伴も均しく異様に響く)。個人的には、ウィル・スミスがマウスパッド的物体クルクルし始めたときに、あまりのワクワクのなさ加減に付き合うしかないのだな・・・とあきらめがついた。感覚的になんだか松本人志の映画みたいじゃん。以降、ロケ用いた1000年後の母なる大地が舞台となり、地球での息子の冒険譚に軸が移るが、かつて人類のふる里・・・などといった郷愁は一切描かれず(んまあ、大鷲?みたいなのに助けられたあたりマザーアース感ややあったが)、とにかく一向に盛り上がらない。盛り上げるボタンはなんとなく押されるのだが、出てくる答えはリピートされる過去、受け入れなければならない運命、恐怖をいかに克服するか(と教条的)。何度でもしんで、何度でも再生する。同時にリピートされる過去も相貌を変える。再生できるのは身代わりとして実姉が目の前でしんでいるから。やっぱりというか、こんなキャストで予算でもこんな、こんな神話的ないつものドンデンな自己満設定のお話しになるのか。とかネガティヴに捉えるのをやめ(つかれるから)、いっそ『レディ・イン・ザ・ウォーター』的怒涛な興奮が、キッズムービーの殻を背負ってやたらハードル下がって眼前に・・・とおもえば自然に目頭が熱くなる。さらには、シャマラン映画でしか味わえない云い様のない感動的なあのラスト、ありゃなんなんだ!この安っぽいような、だけど確実に紡がれてしまった答えとしての、シャマラン一流の衝撃波(でも、探せばこんな映画の類例あるような気もしなくもない)。なにが云いたいのかといえば、こんな実にシャマランテイストの情動のために、こんな気分に浸らせたいためだけに、なんと面倒くさい筋立てで話をこさえるのか。さらに云えば、原作ウィル・スミスじゃね?息子をフックアップすんのに、こんなのでいいのか。・・・いいのだとおもう。おれは『エアベンダー』よりは納得したし、感動も興奮もした。

アフター・アース(2013)

(6月30日、ムービーオン シアター5)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Cover your breath…polish your teeth... | ホーム | オブリビオン (2013)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2688-63bc0f7a
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。