スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
世界にひとつのプレイブック (2012)
2013 / 04 / 28 ( Sun )
徐々に分かるのであるが、ひとそれぞれに事情を抱えている。やたらに顔を寄せ合って(画角的に)、のっけから言い争いにちかい出だし。深堀はされないものの、躁うつ病だの、司法取引だの、ノミ屋(これってアメリカだとOKなんすかね~)だのと、不穏と共に不健全な情況がさらりと触れられるものの、でもライトといいますか、そこに生活があるかんじがする。主人公は、二言目には逃げられた嫁の名前を連呼するダメ男(だが、きもちはわからんでもない)、躁うつで辛うじて退院してきたパット(ブラッドリー・クーパー。でもイケメンなんでしょ)。とにかく映画的といいますか、パットさん厄介者でトラブルメーカーたるさまを延々と見せつける。彼としては、単に以前の生活を取り戻したいだけ。不貞はたらいたクソ嫁なんぞほっとけとかおもうけどダメ男の半端な甲斐性ゆえ一途。そこに現れるは親友の義妹!ジェニファー・ローレンス!スラットでビャッチで不貞腐れ顔でむちむちとした身体の持ち主。このクソめんどくさいが、イレジスタブルなフォースを放つクソあまちゃんと共になぜか、ウリナリっぽい周防っぽい社交ダンスの特訓が開始される・・・なんだか、わけわかんないですが、日常感はある。いい年して親にも迷惑掛けて世間体も最悪で好奇の対象。面倒なヤツじゃないですか。それでもなお奇蹟は生じる。生きるのがつらくてもひょっとしたら奇蹟は生じる、かもしれない、そんな気がかりな一本。デヴィッド・O・ラッセルって、どんどん作品半径が狭くなっているね(ほめている)。

世界にひとつのプレイブック(2012)

(4月28日、フォーラム3)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ジャッキー・コーガン (2012) | ホーム | ラストスタンド (2013)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2696-7fc7d096
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。