スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
サイド・エフェクト (2013)
2013 / 09 / 28 ( Sat )
『マジック・マイク』の予告経て本編上映。じぶんから、封切でソダの映画観に行こうとはね~。正直おもわなかった。つか、ソダ引退したら、ジュード・ロウとかキャサリン・ゼタ=ジョーンズとか喰いっぱぐれるんじゃねーの?・・・本作、序盤は薬品会社告発系とも取れる、まほうのお薬SSRIのお話しで幕開け。ルーニー・マーラの妖しさとメンヘ具合にハラハラさせられながら(つか、このアマも脱ぐよな~脱ぐだけで大評価)、次第にもつれて、さらに坑うつ剤のもたらす光と影・・・みたいなお定まりから離脱し痴情のもつれで妻が夫を刺しちゃいました、みたいな筋に近接。理由なき殺人か・・・薬害の話しか・・・でもまあ要するにダンナをブチ殺す話しなのな(不用意にネタ割れ)。はめられたジュード・ロウも最終的には捨て身の大活躍。こういうのが本当の倍返しなんじゃ?(だって、『半沢直樹』なんてただのトンチ噺、一休さんじゃないすか!!なに皆して騒ぐのか)でも、抑制の効いたこういう端正さは、わるくない。安易に告発系の筋に行かないで、捻りが加わってて、持ち味としてソダっぽいかんじがする。しかしまー、いつからこいつの映画のキャメラは揺れなくなったんでしょうか?ラストでかかるバレアリックビーツ、あれもなかなか格好よかったです。

サイド・エフェクト(2013)

(9月28日、フォーラム3)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<police state | ホーム | エリジウム (2013)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2704-fee37d5c
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。