スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
悪の法則 (2013)
2013 / 11 / 30 ( Sat )
なんつか、引っかからない導入。そして、キャスティングが豪華すぎて観てられない(期待しすぎたということもある)。ワルいことやってそうな色男と、ビッチと、ビッチと、ハビエル・バルデムが、なんか高そうな服着て、なんか高そうなクルマ乗って、なんか高そうな飲み物飲んで、ただそこにいるだけだから。暫らくするとブルーノ・ガンツがダイヤ手にしながら、エラソーに警句という名の与太を飛ばす。ブラビもまたしかり。豪華キャストが、思わせぶりで直截でなく、自他の立ち位置論じみた台詞を吐き続け、危うい均衡にあった法則の、一瞬の崩壊とともに、遠慮なく皆順番で消え去っていく。その肝心の会話に中身があるかと云われれば、どうなんでしょう。衒学的な押井守とも、滾り迸りの武知鎮典ともちがう、説明に堕さない終始ペチャクチャしてる感・・・上滑りさも否めず、少なくとも凡そ哲学的だとはおもえなかった(終盤の、ファスベンダーとカルテルの親玉との電話とか、本当なんなん?)。くわえて、メキシコ人の会話を字幕に流さないのは、なぜなのか。観客に主人公とおなじ緊迫を味合わせるためかと一瞬おもったが、主人公現地の言葉喋れるじゃんね(やり取りがただの日常会話で、哲学的でも文学的でもないからか)。どうでもよいとおもわせるのは内容や台詞だけではない。二人の対照的なヒロイン、つか ビッチ。どっちも見るに耐えない劣化ぶり。マルキナ、とかいうオンナが全ての中心軸になってて、「心の読めないオンナ」として描かれるが、じっさいそのビッチ、キャメロン・ディアスが演じてるから、あまりにもウソっぱち&ひたすら安っぽくしか映らない(そもそも黄色のフェラーリとファックとか、只のギャグなんだからバカ正直に描写する必要ないだろ?)・・・本作で特筆すべきシーンは、バキュームカーごしの撃ち合いと、ブラピが高そうな服着てロンドンの街中舞台にしてファッション感覚で絞首されてく("ボリート"とかいうイカしたガジェットが大活躍)一人芝居だろう。リドスコの面目躍如というか、その二箇所だけは最高だ。

悪の法則(2013)

(11月30日、イオンシネマ米沢 劇場5)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ルームメイト (2013) | ホーム | 風立ちぬ (2013) ※2回目>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2710-fb67d1c7
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。