スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
REDリターンズ (2013)
2013 / 12 / 22 ( Sun )
原題は"RED2"。・・・だと、どうしてもおっさんなのでデイヴ・クラークのほうを連想してしまうが、高齢者入り口の連中、リタイア組が本気出す小気味よいアクションだった(むしろリタイアしてること自体がギャグという)前作と異なり、本作はのっけのフューネラルはべつとしてセミリタイアどころか現役感バリバリで始動する。全体のムードは、前作よりややシリアスに傾斜(監督は『ギャラ・クエ』のディーン・パリソット。これだと前作の『フライトプラン』のひとよりマジメな印象)。基本的に、聖杯クエスト系というか、はじめてのおつかい系の構成。ブルース・ウィリスとマルコヴィッチとメアリー=ルイーズ・パーカーの三人組が、パリ行ってゼタ=ジョーンズと再会したり、ロンドン行ってアンソニー・ホプキンスと再会したり、イ・ビョンホンに追いかけられたり、忘れ物取りにロシア行ったり、アレフガルド・・・でなくて世界をまたに駆けてく。ホプキンス登場までは、この市中引き回しのさまにうんざりしていた。この手の、段取りよくスイッチを押していくだけの映画に耐えられなくなったのは、いつからだったろう?こんなおじさんおばさんたちが、必死こいてがんばってるのに、うちら現役世代が眠気おぼえるなんて失礼すぎる!でも・・・といった具合だった。サー・ホプキンスですら、けっきょくどの映画もおなじような仕事をこなしている。そこにヤング組ビョンホンが空回りとでも云うべき見事な技斗を見せつけ、ある種安定感に包まれたとき、作品は単なるひまつぶしを超えた存在になる。さらにヘレン・ミレンがビョンホンの運転で撃ちまくるわけです。んまあ、納得せざるを得ない。メアリー=ルイーズ・パーカーの、BBAがんばってんな~感というか、慌てふためきながらのキッサーぶり、情にほだされて自らハニトラ化するさまがたまらない。だって、ひとのことビャッチなんて云えてない状態な訳で。これはこれで興奮する。

REDリターンズ(2013)

(フォーラム2にて)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<47RONIN (2013) ※2D字幕 | ホーム | ラヴ・ストリームス (1983)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2722-f16bc6c0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。