スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
天使の処刑人 バイオレット&デイジー (2011)
2013 / 12 / 28 ( Sat )
ジョー・ライトですら盛大に失敗している『ハンナ』という先行事例があるのにもかかわらずオトコってバカだから例によってかわいこちゃん、シアーシャ・ローナンに銃を持たせるという愚を犯している。いやきもちは痛いくらいわかるんだけど(allcinemaで確認したらどっちも製作2011年・・・仕事かぶりすぎだろ)。ウリやる代わりに殺しをやってるティーン殺し屋家業のバイオレットとデイジー、ほしいドレスが300ドルなもんで、それ二着ほしいもんでガンドルフィーニ殺しなんつーシャバい案件引き受ける。例によって、殺す側と殺される側の心の交流がファニーに、キュートに描かれるわけだが、非常にタルい。どうでもいい時間が、案外カット割らずにダラダラと。金物屋の撃ち合いとかもっとうまくやれよとおもってしまうし、マチェーテ持ったトレホが殴りこんでくる(ないしラスボスと化す)みたいなアツい展開にならないあたりも不満だ。最終的に片割れアレクシス・ブレデルちゃんの比率がさがってしまい、やはりローナンちゃん映画となってしまう。内出血ダンス、あのあたりが見所だったのかな。

天使の処刑人 バイオレット&デイジー(2011)

(フォーラム1)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ゼロ・グラビティ (2013) ※3D吹替 | ホーム | 47RONIN (2013) ※2D字幕>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2724-10b24121
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。