スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
グランド・イリュージョン (2013)
2013 / 11 / 20 ( Wed )
ルイ・ルテリエがようやく本気だしたかんじ(マジ待たされた!待ったかいあった!)。秀でたタレントの持ち主たちが、そわそわと、でも派手に集結していくえらいヒキのある、見ごたえたっぷりの導入、そしてタイトル。原題は、"NOW YOU SEE ME"・・・このタイトルでいいじゃんね。嫌味なしで、魔法を信じるかい?ってなかんじ。・・・なんかね、ルパン三世っぽい。とくに追っ手の(いちおネタバレしない努力)マーク・ラファロ演じるFBIは、古風なかんじが銭形風。それにくっつくメラニー・ロラン演じるインターポールのクソ美人ちゃんとのふたりの関係が、揺れる一進一退感が、4ホースメン以上にそわそわきにかかる。肝心の4ホースメンにしても、メンタリズム駆使するあやしい連中というより、人民の生活を破壊する大企業を翻弄する、石川五右衛門とかねずみ小僧的におもえるしね。カーアクションは、ベッソンの薫陶受けた証でしょう。いま大流行のプロジェクションマッピングなんかもガンガン盛り込まれながら、テンポよく進行。つんのめる快楽的な編集にしろ、本来、ダニー・ボイル『トランス』って、こういう話しになるべきだったのでは?

グランド・イリュージョン(2013)

(11月20日、フォーラム東根6)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<風立ちぬ (2013) ※2回目 | ホーム | キャリー (2013)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2728-080cae8e
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。