スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
THE NEXT GENERATION パトレイバー/第1章 (2014)
2014 / 04 / 13 ( Sun )
これは一種の確認作業だといい聞かせながら、大宮出張のついでに観にいった。結果として、これは真っ当な実写映画化でしょう。というか、こういうことを押井はアニメでやってたんだもの。当時からして基本線は「二足歩行ロボット不要論」・・・じゃあ、ブレてない。だいたい変則が過ぎる上映形式で、所謂OVAっていう商用フォーマットがトウの昔に壊滅。OVAにちかい形式としてシリーズ全12話!を全7章に分割して劇場&CS&さっさとフィジカルリリース!っていう性急な成り立ちで、ここはどうかともおもうが、そもそも押井は既存と異なる新形態新商売の露払い役を昔からやってきてた。・・・じゃあ、ブレてない。

クセ者ぞろいで初代のメンツを完全に踏襲した三代目(押井のしたたかな所は、完全新作の続編ですよ?似てるけど、篠原遊馬だとか泉野明じゃない人たちが活躍する話しですよ?っていう徹底した隔絶を施しつつ、シバシゲオでブリッジしている点)、登場人物らのお披露目と、活動舞台である特車二課&整備班の。怠惰で無為でどこかで号砲を待ち続ける終わらない日常のご紹介に徹した本編「エピソード1 三代目出動せよ」。ちがう連中なんだ・・・っていう当惑も畳み掛けるような台詞の応酬と、アニメと実写(そしてCG)を横断してきた押井の演出手札の大盤振る舞いに酔いしれる。ニヤニヤできるか否かが重要(お布施を払う側として)。第一話目にしてリピートねたかよ~とあきれつつも、いよいよ出動ってなるとやっぱ興奮しますよ(あの爆発はどうかとおもいますが)。あたり前だけど本編先立って、「エピソード0 栄光の特車二課」で(演出は田口清隆だったはず)、ベタベタなアプローチで作品背景と初代特車二課の紹介をした上での本編、ってのが功を奏してるのだなと。つかね、真野恵里菜とか太田莉菜すごくいいです。これは鑑賞機会の問題あるけどキチンとシリーズ追っていきたいなとおもいました。

THE NEXT GENERATION パトレイバー/第1章(2014)

(11日、MOVIXさいたま11番シアター)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<セッションズ (2012) | ホーム | LEGO(R)ムービー (2014) ※2D吹替>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2756-a97222d8
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。