スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
白ゆき姫殺人事件 (2014)
2014 / 04 / 14 ( Mon )
予告やポスターになんの関心も得られない映画というのは時として(観ても観なくても)苦痛で、いくら中村義洋とはいえ近作はまあ追ってないので、期待しない上に観ながら、これは外したほうがよかったのでは?などと薄ボンヤリおもってしまった。加えて、映画化するたび追ってるわけでないものの、どうも映画化するには主題が微妙(わりとどうでもいい視点の錯誤を強いる)・・・におもえてならない原作者だったりするわけで(湊かなえ。観たのは、中島哲也『告白』と黒沢清『贖罪』だけだが)、正直、厳しい状態で観てしまった。いやおれ直前までとある女性と過ごしてて・・・精神的にも、楽とは云えない面倒なの観ちゃったなって(以下ネタバレあり)。

とにかく、長野あたりのしぐれ谷とかいう景勝地で、一応性格よし子さんな美人OL(菜々緒)が何箇所も刃物で刺された上に焼かれて殺されるという事件があって、ひょんなことからTV番組制作会社の契約社員(綾野剛)がトップ屋きどりで被害者と、容疑者とおぼしき地味子(井上真央)を繋ぎ合わせる行動に出る・・・前半。後半は、地味子が語り下ろす半生記なんだけど、後半はまあまあ。問題は前半で、綾野剛による一人称の地の文と、その彼が知りえた事件情報を分け隔てなく延々ツイートするところ。こんなん、『電車男』の遥か前、『(ハル)』からあったことなんだろうけど、なんつうのか、ひじょうにムカつくものがあったのね。これって、要は安手の報道番組で画面下に流れるTLような軽薄で脊髄反射的な、文字どおりのツイートなんですよ。マジ心情の実況とかどうでもいい。挙げた本作に先駆する作品は、まだ誰が誰にその言葉を投げかけていたのか明確だったきがする。それは2chのスレッドを文字どおり戯画化した『電車男』でもそう。しかし本作は、どうも身勝手に垂れ流している感がつよく(事実NHKの夜の報道番組で表示されるロウブロウぶりにちかい)観ていて嫌なきぶんになる。また前半は、各人めいめい勝手な井上真央像を語りつくし語り尽くされ、ある意味すべて再現映像だったりするのだが、そのときの井上の「足りない子」メソッド演技がひたすらにウザかったりもする。かように、ひとりの淋しい女が一方的に苦痛を負うという原作者一流の芸を堪能しつつ、一方で警察の捜査状況など一切関連が伝えられないという展開に、いったいこれどうすんのよ?ってなタイミングで降臨するは谷村美月!そして貫地谷しほり!・・・こっからドライブがかかる。つか、中村義洋って女優の御し方わかってんな~。あのオカッパちゃんが蓮佛美沙子だときづかなかったし、小野恵令奈のイヤ~なかんじも最高。そういう意味ではいい映画だったのかも・・・。

白ゆき姫殺人事件(2014)

(4月6日、フォーラム東根4)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<MUD マッド (2012) | ホーム | セッションズ (2012)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2758-3f733e2c
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。