スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
ニシノユキヒコの恋と冒険 (2014)
2014 / 04 / 20 ( Sun )
エンジンがかかるまで大分時間がかかった。麻生久美子とその子どもと仲よくお茶してるトコからスタート。竹野内豊演じるニシノユキヒコが、なんか突如しんでしまって(昨今の正面衝突描写の水準からいくと、大変ソフトな表現)、麻生に会いに来ましたけどいませんですね?そういやじぶんのフューネラルがあるんで・・・一緒行く?ってかんじでダラダラしている(昨今の小品と云えそうな邦画はみなこんなだし、比べてしまうのもなんだが午前中観た『細雪』のテンポ感と落差かんじてしまう)。霊的表現として星座のかたちで現れるというのはあたらしいきもするが・・・。あと、なんつうか竹野内のトークのノリがナンパ系AVのノリにちかくて、どうも嫌かなって・・・だが、阿川佐和子を皮切りに、ニシノユキヒコに恋に落ちてった元カノらが登場&挿話紹介しはじめるあたりでようやくたのしくなってくる。具体的に云うと、尾野真千子!そして本田翼!前者の前のめりっぷりと赤らんだ表情(もはや顔芸の域)、後者のこっちがウキウキしてくるようなはしゃぎっぷりと、おなじくころころと変える表情のかわいらしさ。どっちも共通しているのは、目の毒とも云えるイチャイチャぶりを見せつける点。これは・・・犯罪だ。とくに本田翼がクソかわ。 そしてそして、成海璃子と木村文乃のツートップ以後、さらに都合のよさとファンタジーの度合いに油が注がれてしまう。神業よろしく女をどんどん篭絡していくといった事前予想より、なーんかのんびりとしたテンポで、これはこれで心地よい。井口奈己、『人のセックスを笑うな』以来の作品なんだなあ・・・もっと撮っているものかとおもった。ラインプロデューサーに佐々木浩久(ちょい顔出しも)、音楽はゲイリー芦屋が担当しています。

ニシノユキヒコの恋と冒険(2014)

(ソラリス6)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<KILLERS/キラーズ (2013) | ホーム | 細雪 (1983) ※第二回 新・午前十時の映画祭>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2761-0db2979f
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。