スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
スノーピアサー (2013)
2014 / 05 / 06 ( Tue )
ポン・ジュノによる堂々たるハリウッド進出作、とはいうものの、主に韓国資本で撮られているようす(製作会社はCJ Entertainment. 製作国は韓、米、仏。出資企業の詳細は知りませんが)。地球滅亡時に建造されたノアの箱舟的超特急を舞台に、階級闘争と列車の謎、はたまた行く末を、キャップことクリス・エヴァンスら最後尾車両レジスタンスの活躍でもって描く・・・世界の車窓からのハーコー版。典型的な退屈映画として屹立する"おつかい型RPG"タイプのスジは、得てして広大なフィールドを風光明媚なロケーションまわりながら観光きぶんで探訪し、それをドラマと勘違いさせて間を持たせる格好だが、本作は自動生成型ダンジョン形式(WIZとかローグライクなかんじ)。ようは直線的で一方通行、鬼が出るか蛇が出るか・・・ビックリ箱のよう。前述のとおり、階級闘争を吹っかけるレジスタンスは最後尾から最前車両を目指す。この構図はなんか新鮮(おれがしらないだけで既出かつ典型的なのかもしれないが)。超能力少女ヨナなどいるなか(こういうキャラクターが違和感なく存在するのはアジア的なのか)、それなり個性的なレジスタンスらに対し、体制側はさらにバラエティに富むキャラがひとり。んまあ、ティルダ・スウィントンがその任を背負う。いろいろ訳アリで前進しながら、ステージクリアすることで次の幕が開く(前進するたびに死体の山が築かれる)。難ありとおもうのはアクションという団子の串刺しで、どうしてもドラマが後ずさる点(本作で一番盛り上がるのは新年の氷壁ブチやぶりのシーン)。モーション前に静止する画作りも、魚で足滑らすギャグ、あとラストに控える矢鱈大仰で、明後日方面にトバされる大ネタなども、いつものポン・ジュノ節ってかんじで安心しましたよ。あ、女教師役のアリソン・ピルって、『スコット・ピルグリム』のおねーちゃんだよねえ・・・なんかイイ味だしてた。

スノーピアサー(2013)

(5月6日、フォーラム2)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ラヴレース (2012) | ホーム | ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う! (2013)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2772-b73fb061
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。