スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
闇金ウシジマくん Part2 (2014)
2014 / 06 / 27 ( Fri )
たまたま見たTVドラマ版は、チラ見だけでアレだけど、なんかパッとしなかった(前作の劇場版は未見)。けど、これはいいとおもう。マンネリだとかもはや主人公不在だとか現実の後追いだとか、なんだかんだ云っても真鍋昌平の原作コミックおれすきですから。ああいう露悪的な、現実の安さや冷血なかんじは大好物ですから・・・スジは「ヤンキーくん」編とか「ホストくん」編、その他諸々のブレンドで、エグくてたのしい細かな挿話含め、すべて同時に進行する(徐々に相互が同期)。時制飛んだりしないので(一部回想は有)、登場人物も多いし、一瞬まとまるのかな?とおもってしまう。いっこいっこのネタだけでもフック十分なのに、それがチョップされて並べられると、これはこれでアリだし息つく間もない。たとえば、ウシジマくんといえばハマーやらウサギやらなのかもだが一切出ない(前作映画やドラマはしりませんけど)。こういう清い端折り方と同時に、高橋メアリージュンが強烈な印象のこす"犀原茜"なんていうキャラクター織り込んだりうまいなって(数度ある山田孝之と高橋と光石研の居並ぶシーンなんか最高で、とくに焼肉屋で光石に焼酎ぶっかけられて透けシャツ状態になるあたりの興奮たるや半端ない)。いっこいっこ触れたくなるキャラやシーンだらけなのだが、やはり触れねばならないのはホストに入れ込んでしまう門脇麦ちゃんの薄幸ぶり、転落ぶりだろうな~。『愛の渦』もそうだったけど、自ら普通の道を絶ってしまう役柄(なんだか気の毒になる)。本作でもキョドっててジトってて、心配になるくらい足らない感に、瑞々しさと云ってもよいおぼこいエロさ。あんなヘルス嬢いたら指名するだろ。この路線はゼヒ麦ちゃんに今後も追求していってほしいとおもった。

闇金ウシジマくん Part2(2014)

(フォーラム4)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<トランセンデンス (2014) | ホーム | ドン・ジョン (2013)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2777-f7deb55c
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。