スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌 (2013)
2014 / 07 / 21 ( Mon )
ひとんちの、ゴーファインさんちの猫を抱えてうろうろするさっぱり売れないフォークシンガー、ルーウィン・デイヴィス(演じるはオスカー・アイザック)。冬場だっつうのにカネもない仕事もない、さらに帰る家もない。ついでに時代も変わる。このひとの、やむにやまれぬ、どうしようもない具合を、あまり暗くならずコーエン兄弟が、けっこうお上手にユーモアたっぷりに描く。いや上手いのはわかるが、カンヌでグランプリってのがどうもね。そこまでかなーとは正直かんじる。主人公のチェイスザ猫ちゃんなとこや、歌唱シーンは見ごたえアリ。さらに、妊娠したんすけどーてめーの子かもしらんから堕ろすわーってさらっと云いのけるクソビッチキャリー・マリガン(きゃわわ)、NYからシカゴへの道行きのクラクラしてくるあの異様さ、相変わらず謎存在でいつしか神話級のムードをかもす超ど級ジャンキージョン・グッドマンは伝統芸みてる安定感ありました。結果、喪失の物語なんだよね。マリガン同様、堕胎させてたとおもってすっかり忘れてた元カノのいるアクロンを通過する帰り道、何遍パートナーを失えばこの事態は好転するのか、相棒の歌手、元カノ&ガキ、実家と想い出、老いた父、あの猫ちゃん・・・ついでに漁業資格証。シカゴで云い放たれる「(ルーウィン・デイヴィスの演奏に)カネの匂いがせんな」。向こうで聴こえるディランの歌声。時代が変わろうとしている(過言でないとおもうがムード一辺倒ですね)。

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌(2013)

(21日、フォーラム山形シアター1)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<GODZILLA ゴジラ (2014) ※3D吹替 | ホーム | THE NEXT GENERATION パトレイバー/第3章 (2014)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2786-39fe6b8f
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。