スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
her/世界でひとつの彼女 (2013)
2014 / 08 / 23 ( Sat )
スパイク・ジョーンズ、おもいのほかネクストいっちゃったなーというのが正直な感想。白抜き絶妙な色合いの赤バックでクロッシィのロゴみたいな螺旋をあしらい、TENORI-ONみたいなポロポロサウンドでOS起動。雑駁なパーソナライズドを経て、スカジョの声なんつーエロすぎる"彼女・サマンサ"が立ち上がる。我らがSiriちゃぬとは一味ちがうサマンサ、鼻にかかったちょっと品のなさげなキュートでセクシーな声、そして主人公の生活で暫らく欠落したままだったユーモア。ホアキン・フェニックス演じる主人公は、女々しく、メソメソしている。なぜってまあ、ルーニー・マーラと離婚寸前で判子捺す捺さないの呆然とした環境下で無思考状態だったのだから。問題を直視できず、ひたすら沈殿したムードの只中にいる、浸っている。毎日が反省会。そんなクソ状況のまえに現れた彼女はまさに・・・ああ、女神様。この最新式のAI型OSたる“OS1”だかいうのは、麻薬だ。それも5世代6世代を優に飛び越えた危険ドラッグ級のブツ。そう、自殺者やウツ、ひきこもりとか大量発生させそうな禁断のプログラム・・・。おれの卑近な印象としては・・・Siriもだし、LEXUSのG-Linkコンシェルジュサービス、当然のことながら度が過ぎる人工知能(超『Emmy』級)なので、ときめきサイエンスな気分にも。元カノ(!)エイミー・アダムスを筆頭、に周囲も心配してか(いい交友関係ですね)、オリヴィア・ワイルドなんつクソ最高なアマっこ(最近、DVDで『ドリンキング・バディーズ』観たばっかなので滾る)紹介してくれたり・・・。でもホアキン本気でダメな状況なもんで(エロゲ終盤スカジョが盛って盛ってキメセクハーレムさしかかり状況)、バツイチ子持ち、やり逃げ勘弁なんていう防御線張る待ったナシ退路ナシのリアル女子オリヴィア・ワイルドに、正直にひけてしまう。この感覚・・・分かりたくはないが分かるきがする・・・だからおれもダメなんだ!!

すでに一生分のすばらしい感情は、もうとっくに味わった。手元に残っているのは、すでに味わった感情の劣化版だけ。

・・・もうね、冷静にキモい男です。離婚調停のテーブルで得意げ満面の笑みでルーニー・マーラに「いまの彼女はOSでっす!(AIと云わないあたり絶妙)」ってOSにマジコイ宣言して、本気でキモがられ三行半突きつけられて、「あれ、おれ、やっぱ道踏み外したのかな??」なんて妙にクールダウンして(おそすぎ)、ここで教訓として捕らえる必要があるのは、「○○は俺の嫁」的ターム、それは本気でも趣味でもなんでもいいけど、常識的な世間や、すくなくとも元カノなどに安易に告げては元も子もなくなる、一切がダメになるということ。つづくOSサマンサが、人間(それもセクシーでマジメなブロンド女子)従えて、チャットの言葉遊びでなく、フィジカルなセックスに挑戦するとか・・・踏み外し上等と云いますか、本当にきが狂った展開に突入する。さらにクソ面倒な、「大抵の女って、長話すきだよねー」っていう禁断のハビットにも踏み込み、なんと641人の恋人とホアキン天秤にかけられるのやら(ビッチにも程が)。発狂必死の最悪な展開。この男の幼稚な依存のさまと、欲望に際限のない(人知や条理超えつつある)女の関係。スマホ版『幼年期の終り』と云いますか、サマンサはのちのスカイネットである、とかいうジョークが笑えない凶悪なオチ。前妻にトドメのメールとか、屋上で元カノと夜景眺めるとか、本気でこの問題を抱え込もうとしていない甘さが全編にある(一向に変化のないスパイクの仮託ぶりに辟易)。そこが惜しいといいますか・・・もって恋愛のはじまりとおわり、それも、ファストで条理や善悪を乗り越えた・・・にしてはきれいごと過ぎる感があり。アーケード・ファイアの劇伴はよいのだけれど、クレジットで流す"The Moon Song"カレン・Oのでなく、本編どおりスカジョとホアキンとので締めてほしかったなー。あ、でも、捧げられた4名の名前(James Gandolfini、Harris Savides、Maurice Sendak、Adam Yauch)を見たら・・・ズシッと染みたしなけた。

her/世界でひとつの彼女(2013)

(22日、フォーラム山形シアター3)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<罪の手ざわり (2013) | ホーム | マダム・イン・ニューヨーク (2012)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2791-2544e562
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。