スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
ディス/コネクト (2012)
2014 / 08 / 30 ( Sat )
ネットがなきゃじぶん自身の存在も明かせず証明もできない、それ以上に依存しきっており、ほとんどもうひとつのじぶんであり、ネットと云うもうひとつの存在空間は、ほとんど水空気なみの自然な当たり前さで周囲を覆う。というか、あまりにも皆、なんでそんなにイージーに自分をさらけ出すのかね?・・・誰だって皆そうだろう、おれもそう。ネットってこわいよねー的なお定まりな前段取り、そして森田芳光『(ハル)』に端を発すタイムライン・チャット画面などいつかみた情景をワンパックにして、ベタベタな設定と登場人物にふりかかる数々の難事っていうスジから、いつしか見事な群像劇、現実社会を見据えた(でもどこかワイドショー的な)人間ドラマへ昇華している。これ見事なんじゃないかな。おれ基本的にROM専なんでねーそもそもSNSなんかでもマトモに参加できるコミュニケーション能力、社会性あったら、いまこの時間にこんな映画観てないよ!ってきはしている。直前に、この地元が誇る映画館の、創設者のひとりを囲む茶会(ぷらほ山形の企画)に参加して、興奮冷めやらぬうちに劇場に来てしまったので(長澤さんのお話は大変興味深かった)、ひととひととがつながるってことをマジマジとかんがえながら見入った。物語りは、シガーロスとレディヘファンの孤独な少年とネカマ演じる同級生ふたりのSNSを介す悲劇(そしてその両親っていうラインが被さる)、子どもを喪い心の空白をネットで埋めるスレ違ってしまった夫婦のお話し、そしてオンラインでボーイズポルノを披露するティーンと彼を取材するリポーターっていう三つのスジが交互に、時制をわりと自由に横断しながら進行していく。そしてバラバラかとおもえた皆が緩やかに折り重なり、ひとつの夜へ収斂する。互いが互いをきづきいたわり始めるものの、事態は、物事はどんどんわるくなっていく。クライマックス、ザック・スナイダーばりのストップモーションでヴィジュアル的に決めるが、最終的にさして物事は改善されていないことが分かる。ただし、重要なのはひとびとの努力は画面脇から伝わるのだ(ようするに明確に悪人はいない)。この夜のかんじ、どうしようもない目詰まったかんじは、『レクイエム・フォー・ドリーム』アットホーム版(ストリングスのムードも含め)といった印象をのこす。監督はヘンリー=アレックス・ルビンというひとで、『マーダーボール』を撮ったひとらしい・・・おれこれユーズドDVDで持ってるけど観てねえやすぐ観よ・・・。あ、ポーラ・パットン相変わらずイイ女だわー。レポーター役のアンドレア・ライズブローも、スッピン含めこちらもイイ女だった。

ディス/コネクト(2012)

(29日、フォーラム山形シアター1)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<複製された男 (2013) | ホーム | 罪の手ざわり (2013)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2794-e69113b4
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。