スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
TOKYO TRIBE (2014)
2014 / 09 / 19 ( Fri )
井上三太の原作は(その後の派生やらスピンオフは除いて)いちおう読んでた。いまいち巧くいってんのか不明瞭な冒頭の長回し・クレーンショットと、 狂言回し染谷将太a.k.a.MC SHOWのラップ。そぼ降る雨のなか、舞台は珍妙な具合に電飾ライトアップ&奇怪な原色のゲットーと化したイケブクロ(美術は『土竜の唄 潜入捜査官 REIJI』なんかも揮っていた林田裕至。本作同様の集団抗争劇である『クローズZERO』もそう。いやなんか三池っぽいな~とおもってたから納得の人選&出来ばえ。また、天才ハイスクール!!!!なる、Chim↑Pomやら美学校絡みの現代美術クルーも奇怪セットに混入)。さらにミクステ撒いてた鈴木亮平によって剥き身にされる佐々木心音・・・きてんなーと。でも、全般的に謎過ぎる。都内各エリアのクランと云うか、トライブ?が、順番でご紹介されるが基本的には、"ブクロWU-RONZ"/ブッパと、"ムサシノSARU"との抗争がファスト&ユーモラスに描かれ、そこに個人的な友情の亀裂と終わりが織りなされ、さらには謎の戦闘美少女スンミ(清野菜名!ちょう逸材!技斗とおっぱいとパンチラ!歴史が塗り変わった瞬間が何遍も!)やら、ゴラム的やゴジラ的な意味でアンディ・サーキスばりのモーキャプ演技に近接する三白眼の使い手竹内力a.k.a.ブッパやっべーとか、でんでんの大司祭も素晴らしく、謎と訳のわからなさが加速する。なんつか、全般的にフェス感すげえある。ラップ・ミュージカルというより、ラップ・オペラ、ヒップホップ・オペラ、なのではないでしょうか(ごくごくシンプルな構成の悲喜劇であるという点で)。「チンポのデカさで男の大小が決まるか」。園子温の体力マジすげえ・・・どうしようもないゴミにしかならないのでは?なんていう不安を微塵もかんじさせず、ゴミはゴミのまま、キミはキミのまま、ものすごい力業豪腕で物語が物語りたらんとしている。個人的な話で恐縮だが、昨日、北島三郎明治座最終公演を観てきたのね。ジャパニーズギャングスタのオリジンたる『国定忠治』もさることながら、第二部の北島三郎歌いまくりがちょうやばくて、サグいとか安易に云えないけど、しかし確実に刺さった。ネタバレになるのでアレだが、ショウの最後を飾るのは大名曲「まつり」。そのときの馬鹿セットが本作インスパイア(および、ドラびでおの水平撃ちレーザーギターインスパイア)としか云いようがないほど電飾バリバリで、巨大な悪趣味の極みをおくびも衒いも照れもなく満艦飾に染め上げていて大変興奮した(どんな具合だったかはこちらのブログに詳しい)。何が云いたいのかわからないが(とにかく興奮したと云うことだ)、日本人の心情に突き刺さる情け容赦のないナニカが本作にも確実に在る。また本作、奇怪極まりない怪人物のオンパレードだが、清野菜名嬢に負けず劣らずグサっときたのは、「ブッパ様お茶が入りました」→ヒューマンビートボックスという別次元展開をワンシーンで魅せたサイボーグかおり嬢だった・・・。もうね、ぜんぜんよくわかんない。

TOKYO TRIBE(2014)

(11日、フォーラム山形シアター1)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<チョコレートドーナツ (2012) | ホーム | ルパン三世 (2014)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2802-98439107
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。