スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
ファーナス/訣別の朝 (2013)
2014 / 10 / 31 ( Fri )
そろそろ閉鎖の兆しにある片田舎の鉄工所町を舞台に、ローカルでアーシーな安っすい(まあ、定番化している)クライムものを撮らせたらこうなりました・・・マンマな範疇というか、若手(スコット・クーパー)に任せてスコット・フリーで撮らせたらこうなったっぽい一本。わるくはないが、まあ範疇。わりと一本気でマジメな鉄工所勤務の兄貴(クリスチャン・ベイル)と、ふわふわしてるマトモな職歴はイラクに派兵4回という弟君(ケイシー・アフレック。問題児役が板についてる)との関係が、次第に齟齬をおこしていく前半部。いくつかの原因やきっかけはあったはずだが、べつにすべてが理由には無いはずで、どうしてこうなったんだろう、誰がなにを間違えたんだろう・・・というふり返り様の無い筋を追う。結論からいうと、ウディ・ハレルソン率いる山の民の、得体の知れなさが最大級の問題なのだが、それ以上にズシっときたのは、ほとんど不可避&言い訳のしようの無い事由で手持ちのすべてを失い、NTRで、意味不明なまま弟も失うベイルの右往左往ぶり。ストーカー一歩手前で(根がイイひとだから通報もされない・・・)元カノ(ゾーイ・サルダナ!ガモーラ!)の周囲をうろつき、鉄橋の上ですべて熟知の上で吐露したら、元カノの云ったセリフは、バカな男の想像を遥か超える事実を告げるのであった(充分作劇上の想像がつく内容だが)。やーもう、このシーン相当なけた。誰でもない、自分を責めるほか無い。裏目、裏目。あまりに常識から遊離したベアナックルの世界と、条理からかけ離れたルール無用ぶり・・・いっそサム・シェパードにスナイプしてもらえばサッサとカタがつくなーとおもったんだけど。途中をバッサリ省くが、ラストの表情はやり遂げた男の顔でしょ。ああいう形でしか結末迎えられないのは仕方が無いことだとおもう。ヘタしたら賛美ではないけど、一定の暴力肯定を促している。危ういが、おもうのはアレはありだろ。誤解招いても仕方が無いが、暴力でしか解消できず裁けない怒りや罪は確実にある。鹿を仕留めるように弾こめ引金を引くしかない。なお、アヴァンのドライブイン・シアターでかかってたのは北村龍平『ミッドナイト・ミートトレイン』!そら悪趣味すぎるもんで山の民ハレルソン吐くわ。舐められた反動でホットドッグの中身でクソアマの咥内弄りたくはなるわ。

ファーナス/訣別の朝(2013)

(25日、フォーラム東根シアター8)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ケープタウン (2013) | ホーム | チョコレートドーナツ (2012)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2804-87ec61d3
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。