スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
アップルシード アルファ (2014)
2015 / 02 / 06 ( Fri )
シロマサ永遠のドル箱たるアップルシードの、ある意味スピンアウト的前日譚(なのか?まさか原作あんのか?)。告白すれば、初っ端の荒牧版CGIアップルシードはおれふつうに感銘受けて、ふつうに限定BOXのDVD買う程度にはすきでした。でも、前作『エクスマキナ』はイマイチ・・・というか相当にダメだった。本作でさらに激フォトリアル方面に舵を切ったことで、それってどうなの?って素直に。だって、日本はある意味FFでそれ失敗したわけでしょう。わかりやすく絵空事、絵解きっていうアニメの持ち味活かしてたゼメキスも、もうアニメはつくってないし・・・どちらかというといまやアンディ・サーキスほかモーキャプ方面での一手段・道具としての進化、なのだろう。だいたい、いまどきブリアレオスのデザインとかちょっとどうかとおもうし(原作漫画読んでた当時でもう既にそうおもってた)、そもそも今回デュナンのツラが可愛くないし、いったいどうなのよ!?っておもう。そんな、やや消極的なきもちで観にいった。そしたら良い意味で裏切られて、爽快な内容になってたよ!世界観の基本線は崩さず、もうとことんシンプルな構成で見事な活劇になってた(主人公含めた登場人物の集団が4つくらいくっついたり離れたり、そしてラスト多脚砲台を決死の覚悟で倒す・・・ベタな王道展開)。画的にはグラセフとか、もっかTVゲームが追求しているリアルさとデフォルメ具合の中庸のセンを追っており、それって後退なんじゃないか?と一瞬だけ。だって最初はテクスチャやマチエール、ライティングばかり追って観てた。あと、ヘアモーションねー。実写実景をおり混ぜたのか、よくわかりませんが妙にリアルな背景で全要素がはっきりくっきりしそうなところ、絶妙にピンを外して空気感あふれるルックになっている。・・・そもそも人間っぽい見た目のひとが4人位しか出てこないし、それぞれが美形すぎるんで共感得られない。だが!それよりも!双角のほうが画的にすごいです。玄田哲章だったしね!

アップルシード アルファ(2014)

(1月31日、MOVIX仙台シアター9)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<メビウス (2013) | ホーム | ニンフォマニアック Vol.2 (2013)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2810-261f1b4e
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。