スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
天才スピヴェット (2013) ※3D字幕上映
2015 / 01 / 24 ( Sat )
3Dだからとか、ジャン=ピエール・ジュネだからとか、さらにはフランス人映画監督が撮る現代アメリカ、それも西部から東部へ大陸横断するロードムービーだからとか、そういうの抜きにして、ジュネっぽいかわいらしい作品。モチーフが3Dに向いている、という訳でもないし、そもそもぜんぜんその必要性のないシーンもふんだんにある。たぶんにジュブナイルふう、子ども向けの要素アリアリで、なんでかスコセッシも3Dになるとそうなるよね。んまあ、それはそれとして、主人公のT.Sの、かわいらしさと度が過ぎる天才ぶりと、彼が旅の途上出会う人々とのふれあいだとかが見所だろうが、根底にあるのはピースの欠けた家族が再生する物語。そうした側面を下支えするのはヘレナ・ボナム=カーターで、昆虫学者で牧場の主婦で三児の母(ラストではさらにさらに・・・)、なんつうこれまでのキャリア総決算的な奇妙な役柄をえらく自然に演じており(TVショウに登場したときミスアメリカが云々、なんてシーンは某後藤さんのご母堂を想起)、やっぱティム・バートンなんかと長年連れ添ってた女じゃなきゃ、こんな変則が過ぎるフランス人監督の映画で主軸になる演技できないよな~と感心した。T.Sの姉貴グレース役の子(ニーアム・ウィルソン)、クロエ・モレッツそっくりだったなあ・・。

スピヴェット

(1月24日、フォーラム山形シアター4)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ニンフォマニアック Vol.1 (2013) | ホーム | ショート・ターム (2013)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2815-a34a30d1
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。