スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
シン・シティ 復讐の女神 (2014)
2015 / 01 / 11 ( Sun )
一作目はあまり感心していなかったが、以降折りに触れロドリゲスの映画ほどよく感化され続けてきていたので(調教)、受け入れの素地は十分できていた。それに、当時に比べアメコミ実写化が格段に増えたし、アメコミ独特のつくり(章立てで消化)も理解できていたし。というか、ロドリゲス映画を観慣れていると、ある種の到達点というか、過去作は本作へ至るまでのトライアルだったのでは?とおもう節がある。2005年の前作の時点で技法はほぼ完成されていた筈だが、ザック・スナイダーなんかと比べてもこの画は魅力的・・・技法の完成度の高さに唸る。ストーリーは、まああってもなくてもな話し。ロドリゲスが好んで繰り返す、暴力渦巻く街、強い女どもや復讐劇が、これでもかと描かれる。登場人物の誰しもが抜き差しならない事情を抱えていて、誰しもが窓ガラスから飛び降りたり、窓ガラスや鏡を見れば割ってみたり、切断面から練乳をビュービューと噴出したりする。あとはまあ、ジェシカ・アルバ最高ね。エヴァ・グリーンはこういう担いばっかだよねーえらい。

シン・シティ 復讐の女神(2014)

(1月11日、MOVIX仙台シアター10)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ベイマックス (2014) ※2D日本語吹替版 | ホーム | 96時間/レクイエム (2014)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2816-12ba21a6
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。