スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
花とアリス殺人事件 (2015)
2015 / 03 / 08 ( Sun )
こんな問題作、なかなかありゃしない。そういう意味では岩井俊二らしいというか、岩井俊二ってトコトン実作で実験するひと、なのだと再認識させられる。とにかくいま現在の花とアリス(を演じた鈴木杏と蒼井優)を描いてしまっては元も子もない。おそらく、大人になってしまった二人を描くなどという真似は本旨ではなかったのだろう。では、どうするか。二人の出会いまでさかのぼってしまえばいい。しかし現在の鈴木杏と蒼井優では無理だろ?だったら、声だけ頂戴すれば、少女期の、アドレッセンス感は保てるし、ロトスコープなんつ手法をもってすれば実験性とともになんらかの作家としての痕跡ものこせるんじゃね?むしろおれもアニメしたかったし・・・庵野に演出されたり、北村龍平に演出させたりしたけど、おれの根っ子は市川崑だけじゃなくトキワ荘グループ周辺だったりからも大いに影響されてるし・・・などとおもったかはしらないが、おもわずリンクレイターの諸作を見返さねばならないようなきがした(ロトスコ作品のみならず、本作って、イーサン&デルピーのシリーズや『6歳のボク』などとの比較対象にもなりうるのでは)。切り替えしの多用や90度倒れたキャメラポジ、所作のムダぶり(コマの省略はしているものの、基本ぜんぶ線で拾っている)など、とにかく違和感はつよくかんじる。顔の画も一定しないし、過剰すぎる情報量の人間のモーションなぞるより、ムダの少ない3DCGモデルのロトスコのほうがアニメに見合うのでは、などと。そもそも、題材と手法が合っているのかどうか(たとえば、動きを落して描線を細くしてフォルム重視のモーションにすれば、一時期のIGっぽい、沖浦っぽくなるよな~っておもって観てたら、案の定)。手間ひまが異常にかかっているのが見て取れるし、わざわざこういう手法でアニメにする内容なのか・・・などともおもってしまう。岩井作品にある、勘ちがいが連携したまま妙な引っかかりを宿す台詞は、珍妙な所作と共に全編にわたって述べ続けられる。平泉成と(脳内変換してJCの)蒼井優とのダルなやりとりは、きっと実写だったら見ごたえあったろう。だが、こういうヌルヌルでもない、適度にリミテッドな状態のアニメだと、どう受けとめればよいのだろう?そうして本作は問題提起をし続ける。十年経っても、キットカットももちろん登場。作画協力で磯光雄の名が。製作はロックウェルアイズと、石井朋彦のSTEVE N' STEVEN (スティーブンスティーブン)。

花とアリス殺人事件(2015)

(7日、T・ジョイ博多シアター11)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<アメリカン・スナイパー (2014) | ホーム | シェフ 三ツ星フードトラック始めました (2014)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2823-5da0a020
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。