スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
自由が丘で (2014)
2015 / 03 / 29 ( Sun )
ホン・サンスを観るのははじめて。なので正直面喰らって観たっつーか。加瀬亮が、どうもひとを追って韓国に来ているらしい。ゲストハウスに泊まって、滞在しながら、ひと探しというよりひと待ち、そのなかで"JIUGAOKA8丁目"なるカフェの女店主(ムン・ソリ)やゲストハウスの居候の男(キム・ウィソン)やら、そういう周囲のひと等との出会いふれあいのなか、吉田健一『時間(講談社文芸文庫版)』を片手に煙草を終始ふかし、ワインで顔を赤くする(本当に呑んでいるようにしか見えない感)。あくまで加瀬演じるモリは、日本人でその場の人間ではない時間制限つきの異邦人でありつづけ、英語で(モノローグも)語りつづける。「犬は見つけられるのに」。「彼女に会いたいんだよ」。「なぜかいくらでも眠れるので」・・・。大枠ではひと探し、どんなひとかわからないけれど、とてもすてきな彼女に再会したい再会したい・・・っていう加瀬の姿と、瞬間瞬間で当の彼女の姿が合わせ鏡のように均衡している・・・いやしていないんだけど、要はひと探しの話しの筈。だがしかし!片手に持つ書物表題同様、見事に時制をバラバラにして、ほとんど抑揚のついていないシーンをタイムライン上でズタズタにして、流麗といってもいいような繋ぎ合わせを仕掛けている(むろん時間経過してるので、前後では何らかがあったことを仄めかす)。北野武にちかい資質の編集芸だとおもうんだが、こういう地味なお話しでタイムラインいじくりまわした映画ってあったっけかなあ・・・出会えないひと尋ねびと、なんて話しはなんつか『シルビアのいる街で』を連想したりして(なぜかタイトルも似ているふう)。とはいえ、突如ゲストハウサー同士が大声で罵りあったり、カフェの女をうまいことハメちゃったり(部屋にはギヨン『下女』のDVDが。こういうのが彼の地のサブカル女子の部屋なのか)、んまあ、一筋縄でいかないかんじ。デジタルカメラの奔放なズームを多用してて、とってもおもしろかった(我ながらヘンな感想。こういう単館系観るのひさびさだからかなあ)。

自由が丘で(2014)

(28日、ムービーオンやまがたシアター9)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ソニはご機嫌ななめ (2013) | ホーム | 映画 暗殺教室 (2015)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2826-77325587
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。