スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
エンダーのゲーム (2013)
2014 / 02 / 08 ( Sat )
宇宙を舞台とした戦火に放り込まれる選ばれし少年少女、迫りくる人類への脅威、どんづまりで待ったなし、一刻争う大情況。・・・それって、なんだかとっても、日本のSFアニメなかんじ。地上でのセレクション経て(正直冒頭、遅れちゃって欠けて観はじめたんで、サードとか永島敏行とかかな?フォーミックってなんだろな?てなところはいまだにある)、ガキンチョ達が地上離れて、あたかも『スターシップ・トゥルーパーズ』的になる(これ、ヴァーホーヴェンが撮ったら、男女別のシャワーションはどう処理するのだろうか)。

そもそも主人公エンダー(エイサ・バターフィールド君)はえらく期待されてて、地球を救う少年として勝手に位置づけされている。なんとも日本のアニメ的なのだが、このあたりの延々展開される宇宙での訓練より、エンダーのチーム、前線を率いる指揮官としての資質を問われる筋立てとなる。これって・・・なんだか滅茶苦茶リーダーシップ論の映画になってしまってないかい?・・・尋常でなくオモロくなるコーチングとか、チームワークとか、リーダーシップとかみたいな。要は、プレジデントとか東洋経済とか無理して読んでそうな若手中間管理職がすきそうなかんじ。

ゴンソーとのやり取り、さらに急造の愚連隊ドラゴン隊率いて、サラマンダー隊とレパード隊混成班をエンダー打ち負かすあたりからテンションが急上昇!シャワーシーンでのエンダーの素朴な無双感&機転ぶり故のすっごい結果に容赦ナシの展開にさらに興奮。再三繰り返して申し訳ないが、日本SFアニメの典型的キャラ造形である戦闘忌避もきっちり描かれ(字幕で観たんだが吹替版、ハリソン・フォードの声って立木文彦さんあたりのキャスティングなんでしょうか??)、予期せぬ里帰り、さらにアビゲイル・ブレスリン(!)演じるお姉ちゃんとのボートデート!でエンダーの異性への複雑な想い&重度のシスコンぶりを想像するにこちらもクラクラくる。そして地球一時帰還後の容赦ない急展開にもクラクラ。マオリ族の墨を顔面に入れまくるベン・キングズレーの無作為な仕事ぶりもいいが、演習かとおもいきや大人の都合で仕組まれた大決戦、血戦。

「勝ち方が問題なんだ」。と本気で主張するエンダー。最終最後はマジ蛇足なきがする。だが、ヴァーホーヴェンのそれはバグズとの切れ目ない絶え間ない争いを匂わせる下種な仕舞いだったが、本作は敵方とのおなじく精神交信しつつの妙に明るい未来を予見させてくれた。これ、なんだかよかった。監督は『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』ギャヴィン・フッド。劇伴はスティーヴ・ジャブロンスキー、VFXはデジタル・ドメイン、鳴ってる既成曲はフレイミング・リップスとか、とか。そして・・・宇宙空間でのヒロインたる大切なエンダーの相方ペトラちゃん(演じるは、『トゥルー・グリット』で片輪になってもがんばってたヘイリー・スタインフェルドちゃん!)が、ピークタイムの蒼井憂ちゃんみたい(黒髪長髪&一筆書きの如き太眉毛、しかも強くやさしい)で辛抱たまらない。

エンダーのゲーム(2013)

(2月8日、フォーラム1)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ハンナ・アーレント (2012) | ホーム | Believe the Magic>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2830-a4fb5c58
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。