スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
ビフォア・ミッドナイト (2013)
2014 / 02 / 24 ( Mon )
一作目はいまにしておもえばほぼファンタジーで、ほろ苦さただよう二作目は、まさかの続編!?ってその成立そのものが既にファンタジーとおもえた(まずは)。ばったり再会したジェシーとセリーヌの(そして、イーサン・ホークとジュリー・デルピーの)、無遠慮ななかにも愛溢れる本音たっぷりのトークが延々と炸裂し、たのしく甘いだけではない恋愛のいくつもの断面が切り取られて装われた。それでもおれ、二作目すっごいすきで・・・ダブルパックのDVDも予約して買ったくらいだったんだけど・・・本作はさらに9年後!!いやーイーサン・ホーク&ジュリー・デルピーも、おっさんおばさんになるわなー(あと、おれも)。リンクレイターによる本作も、例によってお馴染みのふたり、トコトン話しまくる。のっけ空港での父子の別離から、あれ、ふたり一緒じゃん!って。以後、クルマの中、皆での食事、ホテルへの道すがら、ホテル室内、そして・・・とばかりに延々ジェシーとセリーヌのしゃべり場が続く。これがもうね・・・このやりとり、この間、テンポとタイミング、丁々発止の妙味。最高だわ。「でも、お互いの道が交差してゆく」。他愛なく何気ないやり取りが、男女の間柄の本質というか深遠というか、愛や恋についての様々な相貌や段階が発話と表情によって語られ、ヤバい角度とか、触れちゃイカン深い深い奥底トコまでタッチして(無常観や死生観とか)、いそいでまた浅瀬まで戻ってくるような、そんなことがしばしば繰り返されていく。ジェシーの祖母が亡くなったことをきっかけに、いまから56年後の話しに。そのときふたりはどうなってる?・・・現実の由無し事、息子のためにシカゴに行きたい男、そんなことのためにじぶんの人生台無しにされたくないと拒絶する女。ここまでは水が枯れたり、ないし廻りに被害もたらすほど水があふれ出たりはしなかった。まるで決まりきったローテーションのごとく、仲よくなって、ケンカして、なぐさめあって、また仲よくなって、みたいなことには、都合よくはならない。ホテルの一室、セリーヌは三遍扉から出てゆく。決定的な捨て台詞のあと、室内に彼女の姿はない(あたり前だ)。ラストはもうね、唸るわ。オチとしてそうだろとおもうけど、女、スゲーわ!結局、バカなのは男。女の手のひらの上で踊っている。プールサイドでどっちも退路断ってしまって、ふたりとも「しまった!」の表情。女、偉れーわ!キャメラ、さーっとひいていく・・・もうね、50歳になってもやってください。リチャード・リンクレイターくっそやばい!・・・ジジイになっても、約束だから、かならず観にいくから。

ビフォア・ミッドナイト(2013)

(2月24日、フォーラム1)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<もらとりあむタマ子 (2013) | ホーム | キック・アス/ジャスティス・フォーエバー (2013)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2832-2adb1ec5
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。