FC2ブログ
茄子 アンダルシアの夏
2006 / 07 / 20 ( Thu )
無為に尺の長い映画は罪悪だとおもう。2Hを越えた映画は基本的に設計ミスだとも、おもう。

で、もっと云えば、長い映画に付き合ってはいられないというのが勤め人の本音。
本作は、必要なハナシを、必要な尺で伝えている。不要な間延びも、切り刻みもない。
コンパクトだが芳醇で、画面サイズも…いや、これを劇場で観たときはナニカの間違いかと。

nasu
***

このテーマ・内容・尺で興行を打つ点にこんにち、あらためて感動する。
正直当時はどうも喰い足りず、いっそ立ち食いソバでも喰わないと…とおもった。
が。こう、疲れ果てて帰宅し、PCの液晶で劇場でかかった映画をMPEGで観るという罪悪は、無用に長ったらしい映画を映画館で鑑賞するより、罪は深くないきがする。

本作を観かえしてかんじるのは、ペペ役の大泉洋が生真面目で、いい。
本業の声優より巧くはないが誠実だ。醒めた様子と、熱帯びるかんじ。
セリフが浮いていない。ジブリライクな画に、切羽詰った様子、伝わる。

高坂希太郎+マッドハウス。作画陣も充実。最近きになるテレコムも主要原画マンが参加。
巧いんだが、本家より粘っこさがない。非常にヌケのよい、サラッとした印象。

(とくに最近『ゲド戦記』の予告を観てるせいで原点回帰的な濃さを味わってるため?)

***

黒田硫黄の原作は、まあ彼の作品は概ねそうなのだが感情を剥き出しにしたその、「あと(ないしはスグ直前)」の表情をコマに収めている印象、云うなれば焦点を当てるシーンのその「あと」、を切り取ることで違和感や緊張や行為後の虚しさを伝えようとしている節がある。
すくなくともドンピシャでは捉えるきがないようだ。

だから、その話法を期待してみると、この達者に動く画に抵抗が生じる。
原作にもその品のよさがあるが、それでも名劇ライクな作画…正直ジブリ風と云わざるを得ない画を選択したことは、まあここで一定の評価に値するのではないか。
結果ジブリでいうところの宮崎駿以外の仕事に近しい印象を残す(けだし高畑でもない!)。

***

劇場でたのしむには味付けもフックも弱い。なんだか心配になるし、DVDでの再見でもそう。
だが、あたりまえの面白さが、この尺にギュウ詰め、間違いなく存在する。

(DVD鑑賞)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「すっごい腹が立ちますし、情けないし…ちょっと気持ちの整理がついていない状況です」 | ホーム | 得てして若い女性はカメラに夢中になりますが…。>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/298-ebdb0f09
| ホーム |