FC2ブログ
サイレントヒル
2006 / 08 / 03 ( Thu )
人気ゲームの映画化で、監督が『ジェヴォーダンの獣』のクリストフ・ガンズ、くわえて120分を超える尺…という正直あまりヒキが感じられないまま観た(『ジェヴォーダン』は機内上映で観ようとしたが寝たので未見)。
ところがこれが…これが、なんでもアリの強引さで飽きずに見せきる傑作だった!

m@stervision氏の星取りで五つという、ただそれだけの理由で出向いたのだが、冗長さや昨今この手の作品にありがちな無意味な緊張の持続とは無縁の、純なる見世物でこれがじつに痛快。

こう、サービス精神旺盛というか、ちゃんと、観たいものをぜーんぶみせてくれる。
バカみたいなクリーチャーがワンサカ出て、なにもそこまで、なんておもいつつも、つい笑みがこぼれちゃう執拗な残虐描写(クライマックスは文字通り血祭りワッショイ状態)を徹底的に叩きつける。
かとおもうと、裏腹に繊細で沈鬱なシーンも、嫌味でなく鮮血と地続きで繋げてくる。

これ、冷静に考えればおかしな話しなんだよ!でも疑問の前におもしろいからOKだ。
ハリウッドメジャーでありながら、この手のオチを正々堂々と刻みつけた作家性にいたく感心した。

(フォーラム1にて)

silenthill

映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<SLOTH LOVE CHUNKS 『 Loveless Ideals 』 | ホーム | absolute 60 seconds.>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/312-9d0ac925
| ホーム |