FC2ブログ
ディセント
2006 / 08 / 24 ( Thu )
これは傑作。そもそも、何を得んがために決して安くないカネと時間を暗闇に費やすのか。
そう、驚きやえも云えぬ感情、体温の上昇や上気、感情の昂ぶりを得んがためだろう。

ダルな日常を粉砕する、極上で最高の見世物がここにある。
監督はニール・マーシャルとかいう英国の新鋭。

descent
***

「毎日毎日、僕等は鉄板の…」という典型的SSDD状態の、二十五過ぎの妙齢の6人の英国淑女たち(元・探検同好会。…このあたりをやり過せるか不安な貴方!それは大丈夫)が、探検しようZE!とばかりに乗り込んだ先(洞窟)でさあ大変、というハナシ。
ええと、主人公たちは、おそらく性的不満を常日頃抱えている。きっとそうに違いない。

ケッタイだが震えた。感動した。近年こんなに揮った、迸ったショッカーもない。
だいたいJホラーとか韓流ホラーとか、正味なハナシおっかなく無いじゃん(嫌いではないが)。
後味が悪いだけでしょ?本作は違う。なにせ本気なのだ。一言で云えば、
「妙齢の女性が穴倉で怪物に襲われたり、互いに殺しあいしたりする」映画なの!ヒドイ!

***

一日一回、一週間の興行だが、なんつうか、普段互いにせまい片田舎で中古盤屋とかオークションで鍔迫り合いしてそうな御同輩ら(結構な数)と一緒に鑑賞。
奇妙の親近感と共に、今宵の悪夢を大いに味わった。

(ソラリス6)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<トータル・リコール | ホーム | こりん星アイドルの初ロマンス>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/347-dcffc039
| ホーム |