FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
笑う大天使(ミカエル)
2006 / 09 / 10 ( Sun )
正直、これほどまですばらしい作品だとおもっていなかった。現時点、今年度邦画のベスト!
ま、『時をかける少女』も『LOFT』も観ていない今のところの暫定だけど、瞠目すべき傑作。

michael
原作漫画のことはサッパリ知らないが、主役が上野樹里たん!アクション監督に谷垣健治
なんだかわかんねえけど、これは観るしかないようなきがしたので馳せ参じた。結果、とんでもないものを目の当たりにできました!
ちなみに監督は何故かVFX絡みで伊藤潤二仕事の多い小田一生

庶民のおねーちゃんがナンの因果かお嬢様学校に転校してしまってさあ大変、そんな筋なのだが、で、なんであんなネッチリとワイヤーアクションが展開される必要があるのか、なんで劇エヴァの巨大綾波よろしくクライマックスであんな事にならなきゃならないのか、そういう意味で過剰すぎるデタラメが満載で、おれのような疲れたひとにうってつけのカンフル剤。
とにかく主人公たち三人のキャラ立ちとかわいらしさに持ってかれた!型をつけた谷垣に嫉妬!

関西弁の上野樹里は、彼女のフィルモグラフィー上特筆すべきヤンチャ具合とキュートさ。
切れ長の目でスポーティーかつクールな関めぐみもイイが、特筆すべきは平愛梨!!!!
かなりつくりこんだ演技だが、最高!嫌味じゃない!いわゆるメガネちゃん役なのだが、観てるこっちは身悶えてしまう!彼女、存在がじつにマンガな稀有な逸材。実写版のアラレちゃんか、しのぶ役でうる星やつら希望!

平愛梨

平愛梨

めちゃくちゃフォトジェニックで美少女じゃん…てゆかグラビアアイドルなのかよ!

彼女ら以外の役者陣もかなり異色。伊勢谷友介の気合の入らない演技!拙者ムニエルの加藤啓キタキマユ!存在感のない谷村美月!美月たんははにかんだような表情がいとカワユス。
そして問題は菊池凛子!の透けビーチク!現場で誰も何も云わなかったのかと不安になるほどツンツンと存在感を出している。身体の線が出過ぎるくらい出ている(ちょうエロスな)すごい衣装だ…とおもいきやクレジットに北村道子の名が!

そう、音楽もいい。V撮りのチープそのものの画にバッチリ合ってるので何この音楽!?とおもいきや、これもクレジットみて驚いた。メタルチックスが担当!

ホンも跳ねており、テンポもよい…で、パンフレット買って確認すれば監督と吉村元希という方の共同脚本。この吉村というひと、東映アニメーション関係の脚本家!いや、すばらしい。

そう、見た目はチープそのもの、実際チープ。ネットの評判もなんだかあまり芳しくない。
だがしかし、本作は才人が数多集結して出来上がるべくして出来上がった傑作です!必見!
日本映画には、こういう無茶がいま必要。洗練なんて要らない。あー。もう一回観たいなあ。

(9日、フォーラム2にて)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<マイアミ・バイス | ホーム | 住まいの参観日>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/375-2ff73c34
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。