FC2ブログ
LOFT
2006 / 09 / 22 ( Fri )
ようやっと、観ました。この上映の後、黒沢清監督のトークショウがあるっていうんで、そりゃもう、かなりガチガチになりながら。
結論から云うと、本作はオーソドックスな怪奇映画であり、これまでの黒沢作品の映画的モティーフの集大成のショウケースであり、なによりも思い切りのいい、風通しのよいデタラメな映画だ。

精神も肉体も行き詰まりをかんじた女流作家が、編集者の云われるまま郊外の一軒家に越す。隣人の正体、怪奇現象。過去と現在が周囲を森に囲まれた洋館に去来し、女流作家と、科学者と、編集者と、いまは亡きミイラと化した亡霊らを交差させる。

数々ある運命を操る異常な機械類や思わせぶりかつ強引なセリフ。
とくに、豊川悦司の大仰な処理の仕方が観ていて小気味良く、よい方に転んだ好例だ。
とにかく本作は思い切りがいい。突き抜けており、一切迷いがない。

これを傑作といい放つのには多少勇気が要るが、エンディングで溜飲が下がるおもいがしたのは紛れもない事実だ。

中谷美紀演じる女流作家が、洋館の以前の主である既に死んだ安達祐実の学生証を発見した瞬間から、異変を察知した豊川悦司演じる科学者が助けに来るまでのシークエンスは、ゲイリー芦屋の劇伴含め本作のエポックであり、大変異常。
黒沢監督いわく、「平板で怒っても笑ってても表情が変わらないまさに現代の象徴として」の西島秀俊演じる編集者の自然な奇矯性や、安達祐実の生き生きとした魔性ぶりも見ごたえ十分だ。

(フォーラム3にて)

LOFT

映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<LOFT 黒沢清監督シネマ&トーク (9月22日、山形フォーラム) | ホーム | おれの前にいる35人>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/397-51b5871b
| ホーム |