FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
切腹
2006 / 10 / 02 ( Mon )
「…お互いにもっと何か適切な方法があったのかも…」

ハラキリココロノ

はっきりいって、タイトルや役者の面子、スタッフみても監督が小林正樹、脚本が橋本忍、音楽にいたっては武満徹!ときた日にゃヒキますよね。子どもだったら虎馬。
画的にも一分の隙もない重厚で堂々たるもの(撮影は宮島義雄)。これぞシネマスコープ!レイアウトだけで大満足。
こう云うと馬鹿じゃん?っておもわれるかもだが、映画ってこんなに凄いんだ…とおもえる。

話の筋は置いておく。海外の評価はサムライだのハラキリだのだろう。それはそれでOK。
事実武満の劇伴にしろ、石浜朗の竹光による(駄洒落じゃないよ)憤死のさまもビザールではある。
仲代達矢三國連太郎の丁々発止も、非常にキワい(仲代が「ほぉーお」と云う度に震えが)。

だがそんなもの冒頭だけ。本作は実にシンプルな話し、怒涛のクライマックスまでまっしぐら。

冒頭で引用した台詞をそういう、無理解や無関心のたなびく現実の社会に置き換えてみる。
たとえば中東の問題や日本の外交政策。や、そこらの郊外や学校、オフィスでの由無し。
そう、人を殺す/殺されるまで至るに、どんな橋を渡るのか…。
橋本忍の台詞、突如ここで口語的に。押し殺した声で仲代、背筋張りギョロメで主張する。

ちっとも古くない。古びず、あたらしく、おもしろい。普遍的魅力にあふれた傑作。

切腹

(DVD鑑賞)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<think others. | ホーム | Kodama And The Dub Station Band 『more』>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/412-b0d44f14
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。