FC2ブログ
フラガール
2006 / 10 / 06 ( Fri )
クチコミ的高評価(最近、話題になる邦画多いですよね)によって客が映画館に集まり、ついにはアカデミーの日本代表作品という金看板まで背負ってしまった本作。
筋はおそろしいほど予告どおり、事前に知られている粗筋どおりに展開。李相日うまいなあ。

フラガール

炭鉱町を舞台にした文学や映画の類は多い。その終わりのキセツを切り取れるからだろう。
だがダムや原発の町を舞台にした人情悲喜劇とかないよね。開発ハンターイ!とかはあるが。
…正直云って個人的には本当にどうでもいい映画だった。客の入りは良かった。

文句もないですよ。美術もいい(たしか種田陽平)、ウクレレも品よく適度にうらぶれた東北地方のルックに似合ってた。
まあ一部、なにこの銀残し!とか(撮影山本英夫。複雑…)、いわきの人こんなふうにじっさい喋るかね!?とか(とくに岸部一徳豊川悦司)感じたりもした。文句というかそういう疑問ならなくもない。
でも、鑑賞中どうでもいいこと(脱原発を目指す寂れた北東北を舞台にした「六ヶ所村ブラジリアンサンバセンター」とかなら、瀬々敬久に撮らせたいな…とか)ばかり考えてたのは事実。

常磐ハワイアンセンターって、当時ものすごく破廉恥でかつ道徳に反する見世物だったんですねぇ…というか観ながら、たしかにあのダンスは劣情を刺激します。

唯一の清涼剤は蒼井優ちゃまのフラダンシングのシーンだね。腰はギンギンに動いているんだが、どうも硬いんだよね。両肩も微動している。エロスよりも健康美が勝ってる。若くてあおい。
もっとさあ、股間使うスポーツとかやったら、動きに硬さとれてスムースになるんじゃないの…などと不埒な、妙にイロイロな想像をして、べつのトコが硬くなったり(死刑求刑)。

(109シネマズ富谷シアター1)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<かみちゅ!と、ぱるちゅ(“Pulse”)! | ホーム | あなたにちゅっちゅー☆です。>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/417-2df9793e
| ホーム |