FC2ブログ
スクイズメン 『 A.K.A. 』
2006 / 10 / 25 ( Wed )
初めて聴いたが、もーっとオルタネイティヴな音の鳴りなのかな?とおもったがさにあらず。
表題曲含めすべてに、曲歌詞に滲む品のよさと共に、やり場なしの感じと詩情がヒシと伝わる。

このコンピイースタンユ-ス吉野氏やCORNER(ex.ハスキン磯部氏)、あとこのコンピNAHTセイキ氏、ex.キウイロールのディスチャーミングマン、もちろん向井秀徳吉村秀樹もしかりで、いつしかくびきから解き放たれて、日本のアーティストも「手段としてのエレクトロニクス」の浸透と有効活用されている実例が多発しており、ハッとする事がこのところ実に多い(BSYの音源なぞ「なにこの音響系」という驚きが。吉野製作所mp3も必聴です)。

そういう潮流の中でこうした連中が出てくるのは必定というか、おもしろくなってきたとおもう。
キワモノ的ではない電子音の鳴りというか、必要だからそれを用いるというロックの側からのアプローチがこなれてきた成果だとおもう(これがいつしかラップトップだけでライブ…ってなると違うわけだが)。

話し戻して本作なんだが、豪勢にもイルリメ山本精一のリミックスも収録。
前者は結構凶暴なんだが、澄まして聴ける不思議トラック。後者は表題曲のイイトコを増幅させたダブミックスみたいな印象(けれどPAのひとでないので、ZAKとか内田直之のノリとは多少ちがうわけだが)。

上記のようなソロではないユニットなので(ぶっちゃけ4人で奏でられる音という印象がないほど個人的で内省的)、どういう編成で、ライブするのかひじょうに興味がある。

スクイズメン - A.K.A.
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<時をかける少女 (2回目) | ホーム | astral dalian 666>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/457-f14a9d75
| ホーム |