FC2ブログ
続・ナイトインいわき (中国文学としての『紅楼梦』)
2006 / 11 / 16 ( Thu )
小名浜の待ち合い室で北海道の地震を知ったが、どうする術もなく目の前のアースクエイクに身を委ね、ゆれたゆれたゆれた。んなこた、実際はどうでもヨイ。

二次会に合流、焼酎を飲み、三次会は好き者のみが集ってイーアルサンスー。
個人的に「チャイナである=小姐である」だけで業が成り立つ彼の地の女性の商魂に感銘。
同時に日本人男性であることの愚かさや困難さとか、でもわすれた。すっかり。

果てしなくやさしく、果てしなく、底がしれない。
たんけん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<テキサス・チェーンソー ビギニング | ホーム | ナイトインいわき>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/502-4e05ce89
| ホーム |