スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
テキサス・チェーンソー ビギニング
2006 / 11 / 17 ( Fri )
精神的にものすごく落ち込んだタイミングに注入すべきは?戸塚ヨットスクール?ちがうね。
ともかく愁訴状態というか、ぶっ倒れてしまいたくて仕方が無い状態だったので…元気でた。
本作は、かなりねっとりとした嫌悪感が充満する一本。前作ほどキャメラは五月蝿く無い。

問題は、合衆国の生肉処理業界のリストラクチャリングではないかと。僕ミート!!!!

テキサス・チェーンソー ビギニング


***

前作に相当する『テキサス・チェーンソー (2003)』は、安易なリメイクではけっしてなかった。
まさに、「枯れた技術の水平思考」という名言が合致するエコロジカルでエレガンスなリメイク。
トビー・フーパーのオリジナルには及ぶべくも無いが、マイケル・ベイのひとの悪さ(それって…実はまごころかもしれない)が滲み、それなりに楽しめた。

***

だが本作は?ほとんどホイト保安官(リー・アーメイ)の茶飲み話みたいな内容だった。
兵役を免れようというヘタレに与える説教にしろ体罰にしろ、往時のキレがまるでない。
そろそろポリデントとハルンケアが必要なのだろうか…?そうおもうと、何故だかなけてくる。

今現在、ちょうメランコリーな自分は、実は即物的な乾いた人体破壊が大量に観たかったのだが、そもそもこの物語は、たまに効能を発するゴキブリホイホイに若く軽薄な男女が紛れてしまい、ミート君にズタズタに細切れ肉にされるというハナシだったことにきがついていなかった。

***

実際、冒頭にも触れたように、意外と描写はねちっこい。前作同様レイティングはR-15。
けども陰鬱かつ、ヒキよりヨリの局部描写が活きており、確実に胸が悪くなる。

スコアはスティーヴ・ジャブロンスキー。禁じ手スレスレのフレージングでガン煽る。
また、K.N.B.エフェクツ・グループの精魂こもった仕事ぶりも好感。つうか独壇場だな。

***

たいした映画ではない。じつは。安易であるといってもいい。

かつてフーパーも空恐ろしく実践し、見事な成果挙げていたが、本作ラストでレザーフェイスは疲労困憊、疲れきった肩に哀愁がほんのり帯びる。

このシーンが十全に機能させたかったのなら、動けず舌も回らないアーメイに焦点あわせるのではなく、ミート君のほうの苦悩と生活に割くべきだった。
であれば…あの街道沿いチェーンソー片手に帰路につく、あの愁い帯びた姿にむせぶだろう。

(ソラリス4にて)
映画 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<『なんて世界は美しい』 予告編 | ホーム | 続・ナイトインいわき (中国文学としての『紅楼梦』)>>
コメント
----

実家に戻る度に弟に英才教育をしています。

一晩で

悪魔のいけにえ
バタリアン
浴衣ボーイズ

を見せたところ
しばらく興奮していました。
数ヶ月後に再び合ったときに話をきいたところ、友達の数は減ったが、人生は楽しいと言っていました。

by: * 2006/11/19 19:43 * URL [ 編集] | page top↑
--3本とも名画--

やはり数や回数や量じゃないんですよ。
なんでも質ですよ。

ただ、英才教育が過ぎるとインポになるけどね。

浴衣ボーイズは…裸より恥ずかしい浴衣の映画だったねぇ。
by: ナーニカ * 2006/11/20 12:27 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/504-696a1bc4
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。